ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

大成建設のカーボンリサイクル・コンクリート(T-eConcrete®/ Carbon-Recycle)

環境配慮コンクリート「T-eConcrete®」のラインナップを充実し、資源の有効利用と脱炭素化を実現

 2050年のカーボンニュートラルを実現するため、CO2を資源として回収し有効利用することで、CO2排出量を抑制する「カーボンリサイクル」への取り組みが進んでいます。
 大成建設は、さまざまなタイプの環境に配慮したコンクリート「T-eConcrete®」を開発し、資源の有効利用と脱炭素化に取り組んでいます。
 今後、当社は、環境分野のフロントランナーを目指し、“未来を創る”コンクリートの適用実績を重ね、カーボンニュートラルへの取り組みを加速させていきます。

T-eConcrete®の特徴・バリエーション

T-eConcrete®は、セメントの使用量を抑制し、通常コンクリートと同等の強度、施工性を保持しながら、CO2排出量の削減が可能です。
セメントの代わりに加える産業副産物などの配合状況により、建築基準法対応型、フライアッシュ活用型、セメント・ゼロ型およびCarbon-Recycleの4タイプがあり、目的用途により適切な仕様のコンクリートで対応できます。

  • 建築基準法対応型
    セメントを減らし、代わりに高炉スラグ(製鋼から生じる産業副産物)を使用します。
    建築基準法に準拠した建物の建設に適しています。
  • フライアッシュ活用型
    セメントを減らし、代わりに高炉スラグとフライアッシュ(石炭灰の一種)を使用します。
    石炭火力発電所から生じる産業副産物である石炭灰の有効活用が図れます。
  • セメント・ゼロ型
    セメントを全く使用せず、高炉スラグを特殊な反応剤を用いて固めます。
    最大限のCO2排出削減(最大80%)が可能です。
  • Carbon-Recycle
    セメントを全く使用せず、炭酸カルシウムなどカーボンリサイクル製品を、高炉スラグと特殊な反応剤を用いて固めます。
    コンクリート内部にCO2を固定することにより、CO2排出量(固定・排出の収支)をマイナスにします。

T-eConcrete®のバリエーション(CO2排出割合、展開状況)

環境配慮コンクリート/T-<i>e</i>Concrete®シリーズ

 
これらのうち、CO2を資源として利用するT-eConcrete®/Carbon-Recycleの特徴を詳しく紹介します。

T-eConcrete®/Carbon-Recycle(カーボンリサイクル・コンクリート)とは

カーボンリサイクル・コンクリートは、排気ガスなどから回収したCO2にカルシウムを反応させて生成する炭酸カルシウムなどのカーボンリサイクル材料と、製鉄で生じる産業副産物である高炉スラグを用いて製造するコンクリートです。CO2を炭酸カルシウムに変換して練り混ぜることで、コンクリート内部にCO2を固定することができます。

コンクリート1m3あたり70~170kgのCO2を固定

コンクリート1m3あたり-55kg~-5kgの収支マイナスを実現(CO2回収・排出の収支試算値による結果)

強度特性(圧縮強度:20~45N/mm2)、施工性の指標となる流動性(スランプ12~21cm、スランプフロー45~60cm)は普通コンクリートと同等で、特殊設備を設けずに通常の生コン工場で製造可能

コンクリート内部の強アルカリ性を保持でき、鉄筋の腐食を防ぎ、鉄筋コンクリート構造物の耐久性を維持

CO2固定・排出による収支の一例

排気ガスなどから回収したCO2を原料に炭酸カルシウムを製造してCO2を固定する場合、炭酸カルシウムに固定するCO2固定量A= 100kgに対して、炭酸カルシウムの製造過程で大気へ排出するCO2排出量B= 50kgとすると、コンクリートに使用する炭酸カルシウムのCO2排出量の収支は、B-A=-50kgとなります。

カーボンリサイクル・コンクリートの断面

カーボンリサイクル・コンクリートの断面

T-eConcrete®/Carbon-Recycleの製造方法、製造状況

製造方法

製造方法
  • 回収したCO2をカルシウムが溶解した水溶液に注入し、CO2が固定された炭酸カルシウムを製造
  • CO2を固定した炭酸カルシウムと高炉スラグに砂、砂利などの骨材、水、反応剤などを加える
  • 投入した材料をミキサーで練り混ぜる
  • T-eConcrete®/Carbon-Recycle(カーボンリサイクル・コンクリート)完成

製造状況

  • YouTubeにリンクしています。

開発者の声

  • YouTubeにリンクしています。

技術センター 社会基盤技術研究部 材工研究室 大脇 英司 氏

適用事例・社外表彰

適用事例(セメント・ゼロ型)

現場打ちコンクリート

土間コンクリートへの適用
土間コンクリートへの適用(赤枠内)

コンクリート製品:「T-eConcrete®研究会」による普及

土木構造物
シールドトンネルセグメント
ボックスカルバート
T-razzo/石材調建材

外階段
建物エントランス

社外表彰

ニュースリリース

  1. 1

    CO2排出80%減、「環境配慮コンクリート」を実施適用
    https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2014/140909_3940.html

  2. 2

    CO2排出量を削減し、低コストで意匠性に優れた天然石材調建材「T-razzo」を開発
    https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190705_4668.html

  3. 3

    環境配慮コンクリート「T-eConcrete®」の普及展開に向け研究会を設立
    https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/210112_5022.html

  4. 4

    カーボンリサイクル・コンクリート「T-eConcrete®/Carbon-Recycle」を開発
    https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/210216_5079.html

  5. 5

    国内初 環境配慮コンを用いたシールドセグメント「T-eCon/Segment」を現場導入
    https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/210701_8227.html