ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

四足歩行ロボットによる建設現場の遠隔巡視システム「T-iRemote Inspection」 を開発

優れた運動性能を備えたロボット活用により、現場管理の効率化を実現

2021年5月17日
大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、TechShare株式会社(社長:重光貴明)と共同で、建設現場における品質や安全の確認などを遠隔で行えるシステム「T-iRemote Inspection」を開発しました。また、本システムを搭載した四足歩行ロボットを首都圏内の建設現場に導入し、その実用性を併せて確認しました。今回、採用したUnitree社製の四足歩行ロボットは、安価でコンパクトながら優れた運動性能を備えており、日々変化する現場環境に柔軟に対応できるため、現場管理の効率化が可能となります。

 建設業界では、就労者数の減少や高齢化による労働力不足、長時間労働環境の改善が命題とされるなか、ロボット等のICTを活用して労働生産性の向上を図り、働き方改革を推進することが、業界全体の急務となっています。これらの状況を踏まえ、当社は現場巡視業務をロボットにより効率化する取り組みを開始しました。建設現場においては、建築物毎に条件が異なる「単品受注」により施工が進捗することから、ロボットが人に代わり現場巡視するためには、日々変化する現場環境のもとで、専門的な知識のない操作員でもロボットを容易に操縦できるような仕組みが必要となります。
 そこで当社は、ロボットによる建設現場での遠隔巡視を実現するため、遠隔操作、映像、双方向音声通話などの複数機能を備えた「T-iRemote Inspection」を開発し、本システムを搭載した四足歩行ロボットを用いて、現場内での検査や安全確認などの巡視を行うことが可能となりました。本システムと2021年3月に開発した「T-BasisX」※1の広域Wi-Fi環境を連携させ、携帯電話回線が使えない地下階や高層階でも、ロボットが安全に歩行しながら、搭載した360°カメラによる現場内の映像記録、定点写真撮影や工程進捗管理など、遠隔巡視による現場管理への更なる活用が図れます。(図1、表1参照)また、2020年7月に開発したデジタルデータを活用した現場管理システム「T-iDigital Field」※2とも連携させることにより、建設現場で活用の幅が更に拡がります。

図1 T-iRemote Inspection概要図
図1 T-iRemote Inspection概要図
表1 本システムを搭載する四足歩行ロボットの特徴
図1「T-BasisX」表1 本システムを搭載する四足歩行ロボットの特徴

 本システムの特徴は以下の通りです。

  1. 1

    建設現場の様々な環境条件での遠隔管理が可能
    建設現場の施工状況やニーズに合わせ、本システムを搭載した2種類のロボットを用途別に適用することで、効率的な遠隔管理が可能となります。また、ロボット本体には様々な外部接続用インタフェースが搭載され、公開済の開発プラットフォームの利用により、現場の条件に合わせた自由な機能開発や改良が可能となり、日々変化する現場環境に柔軟に対応することができます。

  2. 2

    映像・音声通話による現場とのコミュニケーションを実現
    四足歩行ロボットに現場内全体を俯瞰できる360°カメラや詳細部を拡大確認できるズームカメラを搭載することで、遠隔地からでも現場内を自由な視点で確認することができます。また、現場内の騒音環境下でも会話可能な音声通話機能を用い、現場作業員とリアルタイムなコミュニケーションが図れます。将来的には本社・支店から現場遠隔巡視を実現させ、更なる生産性向上につなげることができます。

  3. 3

    施工から維持管理まで幅広い管理業務に対応可能
    本システムは、施工中の現場管理業務の効率化による生産性向上を始め、施工後のビル管理業務、病院・介護施設の定常的な巡回・警備、老朽化施設など危険エリアへの立ち入りなど維持管理段階での業務にも応用できます。

 今後、当社は、自動開閉扉やエレベータの稼働とロボット動作を連動させて、異なる部屋・フロア間を自由に往来できるようにするなど、本システムの適用可能範囲の拡大を図ります。また、施工から竣工、維持管理を含めた建物のライフサイクルに関わる統合管理システム「LifeCycleOS」※3の一部としても連携できるよう、本システムの安全性や可用性の向上、各機能の改良を進め、更なる管理業務の省人化に努めてまいります。

  1. ※1

    T-BasisX:建築現場における各種ロボットやAI・IoTソリューション活用のための、メッシュWi-Fi 及び位置把握ソリューションを一体化し、IoT活用見える化システムと連携した標準基盤。
    (https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/210420_8100.html)

  2. ※2

    T-iDigital Field:ネットワークに繋げたカメラ映像やIoT機器で得られたデータを用いて建設現場の施工状況を可視化し、工事関係者間で遠隔地からリアルタイムに情報共有できる現場管理システム。
    (https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2020/200727_4966.html)

  3. ※3

    LifeCycleOS:BIMデータと建物の運用開始後に刻々と変化していく建物管理・運用に関する各種
    データ等を紐づけ、統合管理することができるシステム。
    (https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/210201_5074.html)

  • YouTubeにリンクしています。