ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの職域接種を開始

本社・東京支店の接種会場にて開始

2021年6月21日
大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、新型コロナウイルス感染症に係るワクチン職域接種を本日6月21日から本社、東京支店の接種会場にて開始いたしました。

写真2 左から磁取棒1号 2号 3号-3種
本社接種会場における接種状況
写真3 磁取棒を鉄筋の隙間に挿入
東京支店接種会場

 なお、その他各支店の接種会場につきましては、準備が整い次第、接種を開始してまいります。

 当社は、今後もワクチンの職域接種に全力で取り組み、新型コロナウイルス感染症の収束に貢献することで、建設業に求められる社会的責任を果たしてまいります。

当社の職域接種について<参考>

  • 接種会場:本社および支店、作業所
  • 対象者:当社グループの全役職員(契約社員・派遣社員などを含む)及びその家族

     全国の作業所に入場する協力会社従業員
     ※いずれも接種を希望する方
     接種者数 約3万人(想定)

  • ワクチン:政府より配給を受けるモデルナ社製ワクチン
  • 開始時期:6月21日