ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

難波中二丁目C敷地における開発について

2020年10月30日
大成建設株式会社
関電不動産開発株式会社
南海電気鉄道株式会社

 大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 相川 善郎)、関電不動産開発株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長 勝田 達規)、南海電気鉄道株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長 遠北 光彦)の3社は、このたび、株式会社ニッピが所有する大阪市浪速区難波中二丁目の土地2,004.84m2(C敷地)を賃借し、共同事業にて開発することとしましたのでお知らせいたします。

 計画している施設は、地上9階、客室数249室、レストラン等を整備し、株式会社ホテル京阪が2023年春に「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」をオープンさせる予定です。
 南海電鉄 難波駅および大阪メトロ御堂筋線 難波駅から至近のなんばパークスの南に当ホテルは位置します。なんばパークスとの連続性を踏まえ、「緑の丘」の「地層」をコンセプトとした外観デザインのシンボル性の高いホテルを建設し、賑わいあふれる難波の街の中に、家でくつろぐように滞在できるホテル開発を行なってまいります。

【開発概要】(2020年10月30日現在予定)

事業名称 (仮称)難波中二丁目開発計画のうちC敷地計画
事業主 大成建設株式会社、関電不動産開発株式会社、南海電気鉄道株式会社
所在地(地名地番) 大阪市浪速区難波中二丁目20番1、21番3
敷地面積 2,004,84m2
建築面積 1,131.44m2
延床面積 9,337.07m2
構造・規模 鉄骨造/地上9階
建物用途 ホテル(249室)、店舗、駐車場
工期

2021年7月~2023年1月

  • ※基本計画に基づく建物概要であり、今後の実施設計ならびに関係官庁との協議等により上記計画に変更が生じる場合があります。
開発地位置図