ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

浮体式洋上風力発電に関する覚書を締結

2019年10月11日
大成建設株式会社
Ideol SA

ロゴ

 大成建設株式会社(本社:東京都新宿区/社長:村田誉之)と、Ideol SA(イデオル、本社:フランス/CEO:Paul De La Guérivière(ポール・デ・ラ・ゲリヴィエール))は、イデオルが保有する特許技術であるダンピングプール®を用いて日本市場におけるコンクリート製浮体式洋上風力発電設備向け浮体基礎の開発と市場開拓に関して、覚書を締結しました。

 大成建設は、コンクリート製台船(C-Boat500)の開発や、トルコ共和国ボスポラス海峡横断鉄道トンネル建設工事など、様々な海洋工事に従事してきました。またイデオルは、既に運転を開始しているフランスと日本の浮体式洋上風力発電プロジェクトや世界各国で進行中の商業プロジェクトに従事している浮体式洋上風力発電のグローバルリーダーであり、2つの異なる気象条件や認証機関で浮体式プロジェクトに従事した唯一のエンジニアリング企業です。

 日本の海域における浮体式洋上風力発電のポテンシャルは着床式の約3倍であると言われており、国内で有望な市場と位置付けられています。また浮体基礎の材料にコンクリートを採用することにより、コストの削減を図ります。

 両社は本覚書を通して、両社の保有する知見と経営資源を活用し、共同でコンクリート製浮体式洋上風力発電設備の市場開拓を進め、浮体式洋上風力国内市場の加速と成長への貢献を目指してまいります。

写真:在日フランス大使公邸での調印式
(写真:在日フランス大使館での調印式)
右)大成建設/谷山二朗常務
左)イデオル/ブルーノ・ゲシエ営業&マーケティングディレクター
(写真:イデオルのダンピングプール® を用いたコンクリート製の浮体式洋上風力発電設備(出典:イデオル))

【イデオルについて】
 フランスのLa Ciotat(ラ・シオタ)に本社を置くIdeol SA(イデオル)は、技術的・経済的に実現可能な浮体式洋上風力発電向け浮体基礎の開発を目的として、2010年に設立され、ローカルコンテンツを最大限に活用すること、コスト競争力を高めることを、会社設立以来の最も重要な優先事項としてまいりました。世界的に評価の高い特許技術である「Damping Pool® (ダンピングプール®)」と60 名以上の専門性の高いエンジニアリングチームを有しており、フランスと日本で浮体式風力発電プロジェクトに参加し、昨今急成長を遂げている浮体式洋上風力発電市場において、リーダーとしての地位を確立しています。

本件に関するお問い合わせ先

大成建設株式会社 コーポレート・コミュニケーション部
TEL:03-3348-1111
イデオルジャパン合同会社
TEL: 080-4215-4611 (山田) / email: mutsumi.yamada@ideol-offshore.com