ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

難波中二丁目における開発について

2019年10月1日
センタラ・ホテル&リゾート
大成建設株式会社
関電不動産開発株式会社

 センタラ・ホテル&リゾート(本社:タイ バンコク、CEO, Thirayuth Chirathivat)、大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 村田 誉之)、関電不動産開発株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 勝田 達規)の3社は、このたび、出資者間協定を締結し、特定目的会社(会社名:Centara Osaka特定目的会社)を設立のうえ、株式会社ニッピが所有する大阪市浪速区難波中二丁目の土地4,404.72m2を開発することとしましたのでお知らせいたします。
 なお、Centara Osaka特定目的会社は、本開発にあたり、株式会社ニッピより土地を賃借する南海電気鉄道株式会社から同土地を転貸借する予定です(賃貸借開始予定日2020年4月)。

 計画している施設は、地上34階、客室数515室、フィットネスセンター、多彩なレストラン、宴会施設等を整備し、センタラ・ホテル&リゾートが2023年半ばに日本初進出となるハイエンドホテルをオープンさせる予定です。開放感のあるロビーは、タイと日本の文化を融合した佇まいとし、国内外からの宿泊客を迎え入れます。また最上階には、会議・イベントのためのフレキシブルなレイアウトが可能なスペースに加えて、ラウンジ、360°大阪の景色を楽しむことができる屋上レストラン・スカイバーも計画しています。
 大阪は、人口1,200万人超の大阪都市圏の主要都市で、東京に次ぐ日本有数の国際観光都市です。京都、神戸、奈良などの人気の観光地からも近く、加えて2025年には、大阪で万国博覧会が開催されるなど、魅力的な観光都市でもあります。
 この大阪・関西圏のレジャー観光の中心地である大阪難波地区に本ホテルは位置しています。
 センタラ・ホテル&リゾートは、世界13か国で13,000を超す客室数を運営するホテルブランドであり、世界レベルの豊富な実績から、洗練された感性により、大阪難波地区の更なる活性化につながるよう貢献いたします。

【開発概要】(2019年10月1日現在予定)

事業主 Centara Osaka特定目的会社
所在地(地名地番) 大阪市浪速区難波中二丁目20番2、21番1
敷地面積 4,404.72m2
建築面積 3,580.50m2
延べ面積 39,128.47m2
構造・規模 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造/地上34階 PH1階/高さ141.56m
建物用途 ホテル(515室)、店舗
工期

2020年4月~2023年3月

  • ※基本計画に基づく建物概要であり、今後の実施設計ならびに関係官庁との協議等により上記計画に変更が生じる場合があります。
所在地

お問い合わせ先
大成建設株式会社 都市開発本部 開発事業部
TEL.03-5381-5365(ダイヤルイン)