ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

世界初 「WELL認証・プラチナ(新築/既存建物全体)」を取得 技術センター ZEB実証棟

人と環境に優しいオフィス空間づくりを推進

2019年8月2日
大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、この度、技術センター(横浜市戸塚区)の「ZEB実証棟」(ZEB:ゼロ・エネルギー・ビル)において、米国・健康建築性能評価制度「WELL Building StandardTM(以下、WELL認証)」※1で最高ランクの「プラチナ」を取得しました。
 「WELL認証」において、建物用途別に設定された3つの評価区分※2のうち、新築/既存建物全体での「プラチナ」は、7分野・100項目に渡る評価内容に対し、89項目以上を満たす必要があることから取得が極めて困難なランクであり、今回の取得は世界初の事例※3となります。

 昨今、働き方改革の推進にともない、健康経営を目指す企業が増加しています。企業が働きやすく健康に配慮した職場環境を確保することは、健康経営における重要な課題であり、従業員の健康増進や生産性向上を促し、企業の活力強化につながります。また、このような企業の取り組みを支援するため、厚生労働省の「安全衛生優良企業公表制度」や経済産業省の「健康経営優良法人認定制度」など法制度上の仕組みも整備され始めています。
 これらの社会ニーズに対し、当社は働く人の心身の健康増進を積極的に図り、生産性を高めることを目的とした空間づくりを推進しており、自社施設から導入を進めております。
 その取り組みの一環として、技術センターZEB実証棟において、オフィス空間としての建築・設備面および運用・健康面の性能が評価され、この度の新築/既存建物全体での「WELL認証・プラチナ」取得に至りました。

 以下にZEB実証棟におけるWELL認証での評価内容を示します。

  1. 1建築・設備面の評価
    建物性能の向上を図るため新規にセンサーや設備機器の導入などにより、オフィス空間で基本となる空気や水、光、温熱、音などの性能がWELL認証基準※4を満たすことに加え、従来からの自然エネルギーを積極的に利用する自然換気システムや採光システム、個人の快適性を制御する空調・照明システムなどの導入が高く評価されました。また、バイオフィリア※5に基づく空間デザインなども新たに取り入れ、メンタル面を支援する点が評価されました。
  2. 2運用・健康面の評価

    運用面では、良質な飲料水や保存・調理可能な食空間の提供、トイレ、水回りなど使用頻度の高いエリアを主体とした毎日の清掃管理などの基本的な環境の整備に加え、運動スペースやフィットネス器具設置による積極的な運動機会の提供やメンタルヘルスケアなど働く人への心身の健康サポートの取組みが評価されました。

 今回の認証取得により、我々の推進する空間づくりにおいて、建物の環境性能と執務者の健康増進を高いレベルで両立可能であることを世界的に示すことができました 。
(ZEB実証棟は、『ZEB』 、「LEED認証・プラチナ※6」、「WELL認証・プラチナ」を取得しています。)

 今後、当社は、WELL認証における空間の計画や運用に関するノウハウを活かして、オフィスの診断・評価によるコンサルティングから、設計、施工、運用にいたるライフサイクル全般にわたり、人と環境に優しい空間づくりを支援してまいります。

認証状
認証状
ZEB実証棟外観
ZEB実証棟外観
  1. ※1WELL Building StandardTM(WELL認証):
    空間のデザイン・構築・運用に「人間の健康」という視点を加え、より良い住環境の創造を目指した評価システムです。建物の環境・エネルギー性能に加えて、居住者の健康・快適性に焦点を当てた世界初の建物・室内環境評価システムであり、特に居住者の身体に関わる評価ポイントについては、環境工学の観点のみならず医学の見地から検証が加えられています。
  2. ※2

    認証区分:対象建物の用途により、以下の3つの建物の評価区分から選択し、申請を行います。
    ①New and Existing Buildings:新築/既存建物全体 (自社ビル向け)
    ②New and Existing Interiors:新築/既存インテリア(テナントビル入居者向け)
    ③Core & Shell:コア&シェル(テナントビル所有者向け)

  3. ※3

    WELL認証の申請・認証状況:申請中プロジェクト 約3300件、認証済プロジェクト 約200件(7/30時点)
    ただし、①の評価区分でのプラチナ認証はこれまでに取得されていません。

  4. ※4WELL認証基準:項目ごとに厳密な室内環境基準が定められており、認証機関による現地審査(環境調査)が行われます。
  5. ※5バイオフィリア:生物や自然への愛好を表す概念で、それらを要素とした空間デザインを評価する項目があります。
  6. ※6LEED認証:ZEB実証棟は、2014年10月に米国の環境建築性能評価制度「LEED認証」にてプラチナを取得済み