ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

オールジャパンによる航空インフラ輸出プロジェクトに参画

「パラオ国際空港既存ターミナル改修・新ターミナル建設工事」の設計・施工を担当

2019年4月19日
大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、パラオ共和国(バベルダオブ島)においてすすめられている「パラオ国際空港ターミナル拡張・運営事業」における既存ターミナルの改修工事と新ターミナル新築工事の設計・施工者の立場として参画いたします。
 本事業はJICAからの海外投融資や、双日株式会社、日本空港ビルデング株式会社、株式会社海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)による空港運営も含めて、オールジャパンで取り組む、わが国の重要な航空インフラ輸出プロジェクトです。
 現在、パラオ共和国は観光客の増加に伴い、既存空港の利用者が大幅に増えたことで、空港内での出国手続きや入国審査で長い行列が発生するなど、空港施設の拡張が喫緊の課題でした。本工事により、旅客ターミナルの混雑解消、利便性の向上を図ると共に、商業施設の充実化を図ることで、観光を基幹産業とする同国の持続的な経済発展に貢献します。
 当社は、カタール・ハマド国際空港をはじめ、ベトナム・ノイバイ国際空港、マレーシア・クアラルンプール国際空港、ミャンマー・ヤンゴン国際空港などの豊富な海外国際空港の施工実績を保有しており、これらの実績によって培われたノウハウ・経験を既存ターミナル改修工事及び新ターミナル新築工事に活かし、当社がもつ高い技術力を提供してまいります。

【工事概要】

工事名称 パラオ国際空港既存ターミナル改修及び新ターミナル建設工事
施工場所 パラオ共和国
発注者 Palau International Airport Corporation(PIAC)
(※双日、日本空港ビルデング、JOIN、パラオ政府による特別目的会社)
設計・施工者

大成建設株式会社

全体工期 2019年4月15日~2020年11月26日 (19ヵ月)
施設概要 新空港ターミナル2階建て 約3,700m2
新カーゴ棟2階建て 約1,500m2
S造

完成予想図パース

完成予想図パース
【竣工した南相馬原町東太陽光発電所】