ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

自動倉庫向け制震装置を開発、物流センターへ導入決定

−震災後の事業継続を可能なものに−

2012年12月7日
大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:山内隆司)は自動倉庫向け制震装置(特許申請中)を開発しました。
この制震装置を設置することで、震度6弱の地震でも自動倉庫ラックを制震することができます。荷物の落下を抑えるため、震災直後でも稼働を停止させずに荷物の出し入れができ、事業継続が可能となります。

先の東日本大震災では、荷物の落下が原因で自動倉庫内の搬送用部品が破損したために、商品の保管・発送が長期間にわたり不可能となる事案が多発しました。これら商品の中には、災害支援物資でもある医薬品や食料品も含まれていることから、一企業の事業継続だけでなく、被災者の救援活動にも影響を与える恐れがありました。そのため、自動倉庫における地震対策への関心は高まり、また急務となってきています。

当社の開発したこの制震装置は、自動倉庫への地震対策として以下の特徴があります。また、実績として小林化工株式会社清間工場内の新物流センターに実適用されることが決定しております。

  • 震度6弱程度の地震に対しても格納物の落下抑制効果を発揮
  • ラック荷物の多寡による振動周期の変動に拠らず、常に高い制震効果を発揮
  • 事前の制震検討(地盤調査、振動解析など)により、最適な設置台数を決定
  • 簡易に設置できるため、倉庫の稼働を妨げず施工が可能(短工期である)
  • 簡素な機構と簡便な工法により、低コスト化を実現
  • 既設自動倉庫、新設自動倉庫を問わずに設置が可能
  • ビル式ラック(建屋一体型)、自立式ラックも問わずに設置が可能

この装置を提供することで、当社は今後も災害に強い「安全・安心」な建物を提供してまいります。

自動倉庫イメージ及び自動倉庫制震装置写真

自動倉庫イメージ及び自動倉庫制震装置写真

導入先

社名 小林化工株式会社
業種 医療用医薬品メーカー
住所 福井県あわら市矢地5−15
社長 代表取締役社長 小林広幸
計画 清間工場内に新物流センターを計画
時期 2013年6月竣工予定