1. トップ
  2. 特集2 注力5分野
特集2

注力5分野

注力5分野

リニューアル・リプレイス分野

  • 耐震・省エネ・バリアフリー等を一体で行う「総合リニューアル」の確立
  • 超高層リニューアル・テコレップ解体等の推進
  • 高速道路網の大規模更新等インフラ長寿命化案件への参画

建築のリニューアル・リプレイス分野では、現在使用中の建物に対して従来の機能を維持するばかりでなく、資産価値のアップや機能維持・向上という視点で、建物の省エネ対策や環境対策、地震対策、BCP対策など高度化するニーズにも対応します。
制震レトロフィット等、地震対策技術や超高層建物解体工法テコレップシステムにより、安全・安心な建築物を提供し、皆様の大切な資産であるオフィスビルや生産施設などの建物の老朽化や新法規への適合など様々な課題の解決を図っています。
また、土木分野では、現在、高速道路の更新・修繕へのニーズの高まりを受けて、大成グループインフラ長寿命化対応委員会を立ち上げました。大成建設の土木技術部長を委員長として、技術センターや各本部、さらに大成ロテック(株)、成和リニューアルワークス(株)など、グループ全体からなる情報共有、技術開発や営業戦略を推進しています。

旧グランドプリンスホテル赤坂新館
旧グランドプリンスホテル赤坂新館。
環境負荷低減を行う解体工法
テコレップシステム
大成グループインフラ長寿命化対応委員会
大成グループインフラ長寿命化対応委員会

原子力分野

  • 原子力施設における安全技術および特殊技術の強化
  • デコミッショニング工事の受注に向けたアライアンスや技術開発等の体制の確立
  • 医療分野・工業分野における放射線利用施設の受注拡大

原子力分野では、原子力発電所をはじめとした様々な原子力関連施設の設計・施工を手掛けてきました。これらの豊富な経験で培った技術とノウハウをさらに強化し、計画からデコミッショニングまでの幅広い分野で事業者の皆様を積極的にサポートします。
原子力発電所の再稼働対応では設計および安全評価を実施して事業者支援を行うとともに、さらなる安全性向上に向け、設計・評価技術の高度化を推進しています。
デコミッショニング分野では、遠隔操作技術、解体・切断技術等の高度化を進め、原子力発電所の安全・安心な廃止措置に貢献します。
医療分野・工業用分野では、放射線利用施設の安全評価から施工まで一貫したソリューションを提供します。

九州電力(株)川内原子力発電所1・2号機
九州電力(株)川内原子力発電所1・2号機

環境分野

  • ZEB 関連技術を活かした提案力の強化
  • 大規模再開発案件等におけるスマートコミュニティの導入促進
  • 生物多様性オフセットマネジメント*1提案の強化
  • 大型プロジェクトにおける土壌浄化技術を活かした提案力の強化

環境分野では、ZEB技術の他、経済産業省のスマートコミュニティ実証である横浜市「YSCP」参画で確立したデマンドレスポンス対応等のスマートシティ関連技術や、環境や生物多様性に配慮した計画技術や評価技術、土壌・地下水汚染対策技術や処分場技術、福島県域の復興に向け取り組んでいる除染技術など、中長期での競争力を高める様々な環境関連技術の開発や提案を積極的に進めています。

*1 改変による生物多様性への影響を緩和・オフセットするソリューションを提供すること

ZEB関連技術については、特集1 都市型ZEBをご参照ください。

エンジニアリング分野

  • 医薬品分野のさらなる強化・差別化
  • コンサル・FS 業務等の企画提案の強化
  • 情報やエネルギー・インフラ等のビジネス分野の拡大
  • 保守管理サービス領域の強化

エンジニアリング分野では、建設業の領域や付加価値の拡大に注力しています。事業企画の段階で、お客様のニーズを的確に捉えたコンサルティングや事業可能性の検討(FS:フィージビリティ・スタディ)を行い、その後の適切な施設建設計画につなげる活動を、様々な分野にわたって推進しています。
具体例としては、医薬品製造施設における豊富な実績に裏付けられたFS業務や世界標準のPIC/S-GMP*2対応プランの提案、老朽化の進んでいる食品工場の改修や拠点の再構築、過剰設備になっている高機能物流設備のスリム化や最適な拠点の策定、病院の運用面からの改善提案やIT化の提案、水族館の集客への提案、農業の6次産業化*3に向けた植物工場の計画など、多方面にわたるコンサルティングを展開し、お客様の要望にそった品質の高い施設を実現しています。

*2 PIC/S:2014年7月に日本が加盟した医薬品の世界標準査察機構 GMP:製造・品質管理基準

*3 農林漁業者が主体となって、生産から加工・販売まで取り組むこと

植物工場計画
農業の6次産業化に向けた植物工場計画
北里第一三共ワクチン(株) ワクチン研究生産棟
医薬品製造施設計画
北里第一三共ワクチン(株)
ワクチン研究生産棟

都市開発分野

  • 都市開発手法の活用による多様化・高度化する顧客ニーズへの対応
  • 本業を補完するストック型事業も選択肢とした開発事業収益の安定化
  • 公有地活用等の公民連携における幅広い参画
  • エリアマネジメントを通じた地区内工事受注の拡大

都市開発分野では、事業の企画段階から、収益性の高い計画づくり、都市計画協議や開発許可取得の支援、権利調整といった都市開発のノウハウの活用を通じて、お客様の事業をサポートし、併せて自ら開発事業を展開しています。
JR 大津駅西側に建設された大津駅西地区第一種市街地再開発事業(COCOLAS大津)では、既成市街地の再整備を大津市施行の土地区画整理事業との一体的施行により推進しました。また、川崎市が実施したPPP 方式により整備された研究施設で ある川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)では、事業者として設計・施工から、20年間にわたる施設運営管理まで一貫して担当しています。

都市開発分野での全般的な活動詳細は、事業活動報告書 開発事業をご参照ください。

COCOLAS大津
COCOLAS大津
川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)
川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)
ページの先頭へ