事業概況~セグメント情報~

土木

セグメントの概況

売上高比率27.9%/売上高推移4,481億円
売上高4,481億円 営業利益325億円
トンネル・橋梁・道路・ダム等の構造物の
構築、除染事業、リニューアル事業等

売上高は当社及び連結子会社ともに増加したことから、前期比17.6%増の4,481億円となりました。また、営業利益は、売上高の増加及び売上総利益率の改善により、同236.4%増の325億円となりました。

従業員(構成比) 3,743名(27.5%)

※ セグメントの概況ではセグメント間の売上高等を含めた業績数値を記載しています。

代表取締役副社長執行役員
土木本部長兼社長室副室長

木村 洋行

建築

セグメントの概況

売上高比率59.6%/売上高推移9,560億円
売上高9,560億円 営業利益△89億円
空港・事務所・商業施設・工場・
病院施設等の構築、住宅事業、解体・
リニューアル事業等

売上高は概ね前期並みの9,560億円となったものの、営業損益は売上総利益率の悪化により、89億円の損失(前期は192億円の利益)となりました。

従業員(構成比) 7,787名(57.3%)

※ セグメントの概況ではセグメント間の売上高等を含めた業績数値を記載しています。

取締役常務執行役員
建築総本部長兼建築本部長
兼社長室副室長

村田 誉之

開発

セグメントの概況

売上高比率11.7%/売上高推移1,884億円
売上高1,884億円 営業利益279億円
PFI 事業、再開発事業、土地活用、
プロパティマネジメント、
マンション分譲事業等

大型案件の売却に伴う配当が実施されたこと等により、売上高は前期比35.5%増の1,884億円となり、営業利益は同391.4%増の279億円となりました。

従業員(構成比) 1,925名(14.2%)

※ セグメントの概況ではセグメント間の売上高等を含めた業績数値を記載しています。

常務執行役員
都市開発本部長

金井 克行

新しい価値創造