マテリアリティとSDGs

マテリアリティ

大成建設グループのマテリアリティ

大成建設グループは、社会及びステークホルダーの関心や社会課題を認識するとともに、当社グループの経営への影響(インパクト)を踏まえ、マテリアリティの継続的な見直しを実施しており、2020年度にもマテリアリティの一部を変更しました。

大成建設グループのマテリアリティ

マテリアリティの特定とプロセス

マテリアリティに沿って課題とKPIs(重要業績評価指標)を定め、取り組みを進めることで事業活動を通じた社会課題の解決‧価値創造を目指しています。

マテリアリティとKPIs

マテリアリティとKPIs
 

詳しくはこちら

 

サステナビリティ経営の全体像と中期経営計画の取り組み

 

詳しくはこちら

社外取締役座談会

社外取締役座談会

様々なステークホルダーと手を携え共通の目標である大成建設グループのマテリアリティ(取り組むべき重要課題)にどう向き合い、SDGsなどの社会課題にどう貢献していくべきか、当社グループの取り組みに対する評価や今後の課題、今後の期待について社外取締役の座談会を実施し、持続的な企業価値向上のための当社グループの未来のあるべき姿を探ります。

詳しくはこちら

SDGs対談

SDGs対談

長年、多くの企業の環境・ESGテーマの長期ビジョン、戦略の策定を支援してこられた柴田昌彦氏 をお招きし、大成建設の環境経営をけん引する奥田本部長と、当社グループの具体的な取り組みや今後の課題についてお話をいただきました。

詳しくはこちら

PAGE TOP