特集1 SDGs × Innovation Dialog

建設業の未来を拓く価値創造へ

企業がSDGs(持続可能な開発目標)を事業に組み込み、課題解決のための創造性とイノベーションを発揮することが期待される中、
SDGsに見識の深い株式会社大和総研の河口真理子氏をお招きし、SDGsの本質やイノベ―ションのあり方について議論しました。

建設業の未来を拓く価値創造へ

SDGs「持続可能な開発目標」とは?

  • 「Sustainable Development Goals」の略称
  • 2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの持続可能な開発目標
  • 17のグローバル目標と169のターゲットで構成
  • すべての国連加盟国が努力することが求められ、日本でも積極的に推進されている
Sustainable Development Goals
17のグローバル目標

専門家からみる「SDGs」の新たな意味

河口 SDGsアジェンダ前段に「Transforming Our World」とあります。これは20世紀型の経済至上主義から脱却した社会づくりのための変革が本来の目的と考えられます。私自身はSDGsを人類全体の「憲法のようなもの」と捉え、これをもとに方向性を定め自社が関連するテーマを紐解き、目標達成していくものと整理しています。
また、SDGsでは、企業は既存の取り組みをアレンジして従来の事業を継続するのではなく、いかに新しいイノベーションによって持続可能なビジネスを構築するかが問われています。SDGsの視点を踏まえ、大成建設のイノベーションのあり方を考えるにあたり、まずはご自身が考えているイノベーションについて本部常務はどうお考えでしょうか。

本部 私が以前、イノベーション政策にかかわった中では、イノベーションとは、研究開発の成果が生み出されることではなく、その成果が製品の形で市場に出て、広く普及し、経済社会に変革がもたらされることと定義しました。技術は広く普及して初めてイノベーションとなるというこの考え方は、今の大成建設にとっても重要と思います。
また、パリ協定に登録した日本の削減目標を実現するには、企業と家庭部門のエネルギー消費を2030年までに石油換算で約2,300万キロリットル削減する必要があります。これは建設分野で徹底的なイノベーションが生まれないと難しいことです。この意味で社外の企業との協力関係で成り立つ大成建設のオープンイノベーション(OI)活動(下記コラム参照)には期待しています。

社会と共に進めるオープンイノベーション

河口 OI活動の中ではイノベーションをどう捉えていますか?

長谷部 OI活動の中でのイノベーションとは、本部常務が述べた普及を前提とする発明による価値創造であると思います。OIチームの取り組みは、大きく分けて3つあります。まず即戦力になるような技術をリサーチするビジネスマッチングというスキーム。中長期課題を解決するためのアイデアを実現するため、社内OIサポーターを任命するなどのOI推進体制の構築とその支援活動。そして将来的な課題、新ビジネスの芽のアイデアを探すため、共創セッションの開催によりさまざまなパートナーと対話の場をつくりだす活動、で実施しています。
SDGsのように将来の目標を高く掲げて、そこに向かってさまざまなパートナーと試行錯誤を繰り返す過程で新たなアイデアが生まれイノベーションが創出される可能性があり、そういったイノベーションを創出する場、さらにイノベーターを育成する場としても、オープンイノベーション活動自体が重要であると思います。

柏倉 OI活動では、株式会社IHIとの共催による共創セッションを2017年度には4回開催しました。これまでに社内外あわせて100人以上の方々が参加され、私達の普段の業務ではほとんど関わることのない異業種や起業家の方々が、当社と一緒に何かを創り出すということに期待し、集まって下さいました。
まさに当社から一番遠い外部との組み合わせによる共創が、思わぬ発想の拡がりやイノベーションを生み出す契機になっていると実感しています。

大成建設のオープン・イノベーション(TOI Lab.)

活動目的

これまでにない大きな変化の時代を迎え、従来の枠組みを超えた最先端技術や知見と連携することで、社会に新しい価値を生み出すことを目指す

主な活動

  • 2016年より、本格的に取り組みを開始
  • 社内約150の技術ニーズと中小企業等技術シーズとのマッチング
  • 2017年度は株式会社IHIと共催で、「都市×健康」というテーマで共創セッションを4回開催。100名を超す方々が参加
  • 経済産業省関東経済産業局の戦略プログラム2017に参画
大成建設のオープン・イノベーション

大成建設ならではのイノベーション
その実現のために

河口 私がこれまで大成建設の取り組みで非常に印象的だったのは、大手町の森(下記コラム参照)での取り組みです。事前に計画地に適した植生の森を別の土地でつくって、3年かけて育成したあとに移植するというものです。数年後、都会の高層ビルの前の森を見て、素晴らしいお仕事をされていると感銘をうけましたし、他にはない大成建設らしさも感じました。続いてSDGs視点でどのような形で大成建設らしいイノベーションを引っ張るべきか、技術センターでの取り組みについて、長島技術センター長はどうお考えでしょうか。

都心の再開発プロジェクト 大手町タワー『大手町の森』

  • 『 プレフォレスト』という取り組みで、2010~2013年に別の場所で育てた樹木を移植(写真左)
  • 皇居など周辺の緑と連携して都市の生態系を充実し、自然の森を創出。人々の憩いの場としても機能
  • 地下から地上をつなぐ吹き抜け空間『プラザ』に面して森を配置。緑と光にあふれた空間を実現(写真右)
都心の再開発プロジェクト 大手町タワー『大手町の森』

長島 技術センターでは当然技術開発がイノベーションと捉えており、例えば当社の都市型ZEBである技術センターの「ZEB実証棟」やJS博多渡辺ビルは、まさにそれらのSDGs目標に対応した価値創造をもたらすテーマを持ったプロジェクトの一つです。
また、建設業の設計から施工・維持管理までのあらゆる過程でもイノベーションが必要で、建設技能者の高齢化による大量離職が建設業の課題となる中で、生産性向上は喫緊の課題となっています。現在「TAISEIi-Innovation®」を掲げて、生産現場での機械化や自動化、BIM/CIMの利用による効率化を図るなど、生産性向上や働き方改革を進めています。 さらに技術センターでは見学者の受け入れに加え、異業種、異分野の方々を招いて交流を進める機会創出に取り組んでいます。今後はOI活動をさらに全社を巻き込んだ活動へ展開していくとともに、ベンチャー企業との連携による高付加価値化につながる技術開発をさらに加速していきたいと思います。

河口 まさに投資の世界でいう事業成長を忍耐強く見守る姿勢ペイシェントキャピタルや、長期的な視点で経営資源を投入していく寛容さが求められてきていますね。本部常務は、2030年目標を掲げるSDGsの17の目標のうちどれが大成建設に関わりが深いものとお考えですか。

SDGsは、イノベーションの宝庫

本部 SDGsの目標のうち「7.クリーンなエネルギーの供給」「11.住み続けられるまちづくり」「13.気候変動への具体的対策」は、大成建設が創っている“もの”を通じて、新しい価値を創造し提供できる分野です。つまり、より少ないエネルギーで社会経済活動が営まれ、CO2排出を低減して気候変動防止に寄与し、災害に対してより強靭な街を、構造物や建物を通じて実現することです。この新しい価値を提供することは私たちができる一番大切なことではないでしょうか。

長谷部 私は、SDGsが求めるものと現状の差こそが、イノベーションの宝庫と捉えており、当社も、SDGsによる成長機会を積極的に獲得していくべきと考えます。SDGsを今後のOI活動につなげ、会社や社会の発展に寄与するような取り組みとして、OI活動を単なる手法ではなく文化を根付かせる活動として捉え、社内外に広げていきたいと思っています。

河口 今後は持続可能な会社であるためにイノベーションを会社の中でどう位置付けていくか、またSDGs目標を達成し、SDGsとの現状の差をイノベーションを実施する大きな機会と捉え、どのように展開して社会変革につなげるかがポイントになります。大成建設のますますの発展を期待しています。