報告対象範囲/参考ガイドライン

対象期間 2018年3月期(2017年4月1日〜2018年3月31日)の実績を主な報告対象としています。
一部、この期間の前後の実績や活動内容も含まれています。
対象組織 原則として、2018年3月31日時点の大成建設と大成建設グループ各社(連結子会社)を対象としています。
上記対象範囲と異なる場合は、注釈に明記しています。
更新時期 2018年8月
(次回:2019年8月予定、前回2018年4月)

参考ガイドライン

  • 環境報告ガイドライン(2012年版)
  • GRI「 サステナビリティ・レポーティング・スタンダード」
  • ISO26000:2010(国際標準化機構)
  • 統合報告フレームワーク(国際統合報告評議会:IIRC)
  • 国連グローバル・コンパクト
  • 経済産業省「価値協創ガイダンス」
価値共創ガイダンス