ホーム > 会社情報 > 投資家の皆様へ > IRライブラリー > 決算説明会資料 > 2010年3月期 第2四半期決算説明会 主な質疑応答


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

IRライブラリー

決算説明会資料

2010年3月期 第2四半期決算説明会 主な質疑応答

決算説明会全景  

Q. 国内の建築利益率についての今後の見通しは?
A. 国内建築は激しい競争を続けているが、調達本部を発足するなど更なるコストダウンに向けて施策を講じており、出来る限り利益率の維持を図りたい。
   
Q. アルジェリアの高速道路工事が遅れているとの報道があるが、現状とその対応は?
A. 個別プロジェクトに関してはコメント出来ないが、工事が遅れているのは事実である。
   
Q. 有楽土地の完全子会社化について、経営の効率化とはどのようなことか?
A. 有楽土地のみならず今まで100%子会社化してきた子会社についても同様だが、機動的な対応を目指し、グループ経営上各子会社を経営資源として、最大限の効果が発揮できることを目指したい。