ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2015 > 港区(東京都)主催のシンポジウムに参加


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

港区(東京都)主催のシンポジウムに参加

2015年3月20日
大成建設株式会社

 2015年3月6日(金)、当社の塩入人材いきいき推進室長が、港区立男女平等参画センター(東京都)※1主催の「女性も男性もともにかがやく社会のために」と題したシンポジウムに登壇し、当社の女性活躍推進について紹介しました。

 港区は、女性活躍推進や男女が平等に参画する社会の実現に向けて、国内外の歴史や取組み内容・成果などの事例を踏まえた講演やパネルディスカッション等を積極的に実施しています。

 今回のシンポジウムは、港区内の企業に勤務している総務・人事担当者に、「女性のエンパワーメント※2」についてより深く理解をしていただくために、港区立男女平等参画センターが企画したものです。

 講演は、まず、ノルウェー王国大使館のエムテルード参事官が、数十年間に及ぶ制度や法律の整備・実行に向けた地道な努力の上に現在の女性活躍推進先進国としての同国があることや、今後も民間企業等で女性活躍の場をさらに広げる必要があることを説明されました。

 続いて、公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン(CARE)※3の武田事務局長が、発展途上国における国際NGOの取り組みに関する講演を行いました。

 最後に、当社の塩入室長が、長らく男性中心の職場だった建設業界において、早くから女性活躍推進に取組み、男性社員の意識や係わり方を改革することで、女性活躍推進につなげた事例等を紹介し、参加者と活発な意見交換を行いました。

 なお、当社は、途上国で最も弱い立場になりがちな女性や子供の自立支援を行っているCAREの活動に協力しています。

※1  
※2   女性が自分自身の生活と人生を決定する権利と能力を持ち、さまざまなレベルの意思決定過程に参画し、社会的・経済的・政治的な状況を変えていく力をもつこと。
※3  
 
登壇者 氏名 団体名 役職名
 司会 野村 幸平 氏 港区立男女平等参画センター 事業推進チームリーダー
パネリスト(大使館) スノーフリッド・B・
エムテルード 氏
ノルウェー王国大使館 参事官
(NGO) 武田 勝彦 氏 公益財団法人
ケア・インターナショナル ジャパン
常務理事・事務局長
(企業) 塩入 徹弥 氏 大成建設株式会社 管理本部
人事部人材いきいき推進室長
 
港区主催のシンポジウムに参加