ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2014 > ステークホルダー(大学生)・ダイアログに登壇、発表


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

ステークホルダー(大学生)・ダイアログに登壇、発表

2014年12月25日
大成建設株式会社

 2014年11月29日(土)、社長室コーポレート・コミュニケーション部 小林修CSR推進室長は、中央大学後楽園キャンパス(東京都文京区春日)において、「統合報告書(TAISEI コーポレート・レポー2014)」の評価を目的にしたステークホルダー(大学生)・ダイアログに登壇※1、大成建設の統合報告書の取り組み状況ならびに環境への取り組みについて発表し、各参加大学の学生さんと活発な意見交換※2を行いました。

 本ダイアログは、サスティナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC※3)が主催し、企業が発行する統合報告書(CSR報告書)等を研究している大学生が、CSR(環境等)に取り組む企業と企業活動の持続可能な社会に及ぼす影響などについて意見交換するものです。

※1登壇者
【司会】 早川 直孝 氏  サスティナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)事務局
【企業】 内田 弘美 氏  東洋インキSCホールディングス株式会社 生産・物流・調達本部環境安全推進部部長
  小林 修 氏  大成建設株式会社 社長室コーポレート・コミュニケーション部CSR推進室長
  小川 まり恵 氏  大成建設株式会社 環境本部企画管理部地球環境室
 
※2意見交換
参加大学  横浜国立大学、明治大学、中央大学
参加企業  東洋インキSCホールディングス株式会社、大成建設株式会社
 
※3主催者  
サスティナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)
 
ステークホルダー(大学生)・ダイアログに登壇、発表