ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2014 > 横浜国立大学で特別講義を継続して実施


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

横浜国立大学で特別講義を継続して実施

2014年8月20日
大成建設株式会社

 大成建設(株)技術センターでは、技術開発部門開設50周年の記念事業の一つとして、2009年から横浜国立大学に講師を派遣し、特別講義(※)を実施し、それ以降、大学からの依頼を受け、毎年講義を行っています。2014年度は4月11日から開講。理工学部の学生を対象とし、7月4日まで全12回開講しました。

 当講義は、最先端で活躍している大成建設の技術者・研究者が講師となり、自然災害を防ぐ技術、新材料・新工法の開発、環境対策技術、国家的なプロジェクトなどを紹介し、建設業の幅広さ、奥深さ、楽しさ、建設の魅力を伝えました。学生のみなさんには、民間企業の技術開発が社会にどのように貢献しているのか、また、自分たちの暮らしや街づくりがどのような最先端技術で支えられているのかなどを学習していただきました。

 

※当該講義の受講で、学生は単位取得が可能

 

■講義内容

月/日 タイトル 講師 キーワード
1 4/11 建設業と技術開発 堀越研一 技術センター・技術概観
2 4/18 地震のメカニズム・予測・対策 坂本成弘 地震動・免震・制振
3 4/25 海洋沿岸域の開発と防災 織田幸伸 潮流や波浪評価、津波対策
4 5/9 軟弱地盤対策および液状化対策 船原英樹 地盤改良、液状化
5 5/16 土木分野の新材料・新工法 坂本 淳 材料・工法
6 5/23 建築分野の新材料・新工法 成原弘之 材料・工法・超高層解体
7 5/30 環境問題と建築の省エネ技術 大黒雅之 環境・省エネ
8 6/6 環境浄化技術 高畑 陽 土壌浄化・除染
9 6/13 環境エネルギー問題と地下水 山本 肇 地下水・地球温暖化(CCS)
10 6/20 建設分野での生物生息環境の保全と創出 高山百合子 生物環境、環境アセスメント
11 6/27 建築のビッグプロジェクト 小室 努 プロジェクトと構造設計
12 7/4 土木のビッグプロジェクト 東江隆夫 ボスポラス、羽田など