1. トップ
  2. CSR
  3. 社会報告
CSR / 社会報告【人権・労働慣行】

人材育成の推進

外国人技能実習生拡大へ備え、モデル現場を設置

品川区の商業ビルの建築案件をモデル現場と位置づけて、現在、協力会社からベトナム人技能実習生を受け入れています。また、豊島区の複合ビルの建築現場もモデル現場とする予定です。

技能実習制度の仕組み

グローバルに活躍できる人材の育成

社内グローバル研修
新入社員や海外赴任中の社員等を対象とした、専門教育プログラムを実施しています。
社外研修( 2015年4月1日時点で6名派遣)
大学、設計事務所、研究機関などに派遣しています。
海外赴任前研修
赴任者の心構えをはじめ、赴任国の概要、海外の工事の契約管理、危機管理などの教育プログラムを実施しています。
海外作業所研修( 2014年度6名)
グローバル人材を育成するため、海外の作業所で研修を実施し、交渉力や異文化に対する理解力の向上を図っています。

2002年度以降、作業所研修を実施した国

2002年度以降、作業所研修を実施した国

研修体系

入社後の各フェーズ毎に様々な研修を実施しています。

研修体系

研修体系

資格取得者支援

専門性の高いエンジニア、マネージャーを育成するため、全社を挙げて資格取得を支援しています。

資格取得支援の一例

資格取得支援の一例

社員のキャリア形成の支援 管理本部人事部

専門性、創造性、独創性を有する自立型人材の育成を図るため、年次研修をはじめ、キャリアビジョンやマネジメント等の様々な研修を企画、実施し、一人あたりの研修時間は43.8時間となりました。また、資格取得にチャレンジする社員を支援することで、職務分野に関するスキルアップを図る取り組みを行っています。

一人あたり研修時間
ページの先頭へ