1. トップ
  2. CSR
  3. 品質の確保とお客様満足度の向上
CSR / 社会報告【消費者課題】

品質の確保とお客様満足度の向上

(行動指針系)基本的な考え方

大成建設グループは、事業を通じて社会に貢献し、企業として持続的に発展することを目指すためお客様や社会に、品質の確保・質の高いサービスおよび社会的課題の解決に向けた技術を提供していきます。

(経営計画系)中期経営計画(2015−2017)・経営課題

社会基盤整備への積極的な貢献
・国民の安全・安心・利便性のための主要インフラ整備への参画
・電力安定供給のためのプロジェクト
次世代技術開発の推進
・環境・スマートコミュニティ関連技術の高度化
グループ力の向上
・都市住宅再生や、インフラの新リニューアル技術の開発等に向けたグループ内連携の強化

品質管理の基準・手順の周知と徹底

高品質の建設生産物・関連サービスを提供することは、大成建設の重要な使命です。この使命を果たすために、当社は、「品質方針」を制定し、その方針に基づいて企業活動を行っています。

品質方針

当社は、「人がいきいきとする環境を創造する」という経営理念の下で建設業を中核とする企業活動を行い、安全で快適な社会基盤と生活環境の整備を通じて社会に貢献し、企業として持続的に発展することを目指している。
顧客や社会に対し、高品質の建設生産物・関連サービスを効率的かつ継続的に提供することは、当社の重要な使命である。
この使命を果たすために、当社は、以下の行動指針にしたがって企業活動を行う。

行動指針
  • 1.高品質で性能に優れた建設生産物を提供するため、先進的で社会のニーズを先取りした技術の研究・開発を推進する。
  • 2.建設生産物・関連サービスの提供にあたっては、契約内容や法令・基準等に従って、顧客の要求事項を誠実に実現する。
  • 3.長期にわたって建設生産物の品質や性能の維持・向上を図るため、建設生産物のライフサイクルを通じて必要な各種のサービスを提供する。
  • 4.建設生産物・関連サービスの品質の維持・向上を確実なものとするため、品質マネジメントシステムを継続的に維持・改善する。

CS*1向上のための品質保証体制

大成建設は、以前より「品質マネジメントシステム」を構築・運用しており、1996年には業界に先駆けISO9001*2の認定を取得し、設計・施工から引き渡し後に至るまでの品質管理体制を構築し、お客様に安全・安心な建設生産物やアフターサービスを提供しています。

CS向上のための品質保証体制

お客様満足度向上のための品質保証体制 土木本部・建築本部

土木本部の調査では、お客様にCSインタビューを63回実施し、すべてのお客様からのご回答を頂き満足度も100%でした。建築本部の調査は、途中段階であり、今後も各支店でアンケート用紙回収率100%を目指して継続的にフォローしていきます。また、今後の改善・課題として、アンケート内容を確認し、評価の低い項目については、要因を分析し、対策をたて工事反省会等に反映するとともに、お客様とのコミュニケーションを密にして、さらなる理解を得ることで、満足度向上を目指します。

お客様満足度調査

1. 品質確保のための啓発活動

中期経営計画(2015-2017)基本方針(目指す姿)の一つに、「品質と安全の確保によって、高い顧客満足を得る」として、全従業員が心を一つに取り組めるように、CSスローガンを掲げています。

TAISEI QUALITY

2. 品質マネジメントシステム

品質マネジメントシステム

BIM T-CIM®

BIM T-CIMは、コンピュータ上に作成した三次元仮想建築物モデルで、設計ソリューションとして活用されています。当社の多くの設計・施工プロジェクトにおいて既に、導入・活用されています。

建築 BIM (Building Information Modeling)

BIMにより各種の建築情報へのアクセスが容易になります。設計情報の視覚化、各種の環境シミュレーションの計画への反映など、作業の効率化と高度化を可能にします。基本計画、実施設計、施工、維持管理のすべての段階でBIMを一貫して活用することで、ゼネコンの強みである総合力をより一層発揮し、品質はもとより、生産性向上、顧客満足の向上に努めています。

建築 BIM

土木 T-CIM® (Construction Information Modeling)

2013年の東北中央自動車道長老沢3号橋上部工事をはじめとして生産性や品質の向上に寄与すべく施工検討や品質管理の可視化を推進しています。

東北中央自動車道長老沢3号橋上部工事
  • *1 CS:Customer Satisfaction 顧客満足
  • *2 ISO9001:品質マネジメントシステムの国際規格
  • *3 CS調査回答率(土木:インタビュー形式/建築:アンケート形式)
  • *4 BCM:事業継続マネジメント
  • *5 CAFM:コンピュータファシリティマネジメント支援システム
  • *6 Field Pad:タブレットやスマートフォンを利用した施工管理のクラウドサービス
ページの先頭へ