1. トップ
  2. CSR
  3. リスクマネジメント
CSR / ガバナンス報告【組織統治】

リスクマネジメント

リスクマネジメント方針と体制

大成建設では、事業活動を行うにあたり、企業としての社会的責任を果たしつつ、安定的・継続的な成長を目指すという観点から、全社的なリスクマネジメント推進体制を構築・運用しており、事業活動に係るリスクを抽出・選定した上で、その重要度により、「全社重要リスク」、「本部所管リスク」などに分類し、主管・所管部門を明確化することで、リスクマネジメントを実践しています。
特に企業経営に重大な影響を与える「全社重要リスク」については、CRO*1事務局に情報を一元化して対応し、その情報をリスクマネジメント委員会・リスクマネジメント協議会と共有することにより、全社で効果的なリスクマネジメントを行っています。

*1 CRO: チーフリスクマネジメントオフィサー

全社的リスクマネジメント推進体制

全社的リスクマネジメント推進体制

BCP(事業継続計画)への取り組み

大成建設では、大規模災害が発生した場合でも、社会経済活動の基盤を支える総合建設会社としての責務を果たすために、災害時におけるBCP*2に関する方針および諸規程を定めています。
また、この方針・諸規程に基づき、現在懸念されている大規模災害を想定し、顧客支援の具体的な対応体制を確認するために、BCPに基づいた「大規模災害対策訓練」を年1回以上実施しております。
事業活動の重要な機能を継続させ、様々な建設生産物の価値の維持または復旧に努めるとともに、国、地方自治体および企業等の事業継続に貢献します。

*2 BCP: Business Continuity Plan

2014年度大規模災害対策訓練

2014年度大規模災害対策訓練

BCP(事業継続計画)への取り組み 管理本部総務部総務室

2014年度の「大規模災害対策訓練」では、政府もしくは地方自治体より公表されている被害想定を基に、「初動要員」「物資」「インフラ」に焦点をあてて訓練を実施し、過酷状況下における当社BCPの実効性を検証するとともに、KPIに掲げる「大規模災害対策訓練参加率100%」を達成しました。
今後も引き続き「大規模災害対策訓練参加率100%」の達成をKPIに掲げ、全社一丸となってBCPの実効性を高める訓練を継続して実施していく予定です。

大規模災害対策訓練参加率
ページの先頭へ