ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

『明治建築をつくった人びと』コンドル先生と四人の弟子

本作品は、明治10年に日本政府に招かれ、工部大学校(現・東京大学)造家学科の教授として来日したイギリスの若き建築家ジョサイア・コンドルとその教えを受けた四人の弟子たち辰野金吾(たつのきんご)、曾禰達蔵(そねたつぞう)、片山東熊(かたやまとうくま)、佐立七次郎(さたちしちじろう)の活躍を描くものです。

我が国に初めて誕生した第一世代の建築家たちは、近代国家の黎明期に日本の建築と全く異なる西洋建築に取り組み、自力のデザインで新国家の礎を築くことによって、その後に続く大正、昭和、そして現代の道を拓いていきました。
映画では、彼らの代表的な作品を中心に、その輝かしい業績を当時の社会背景を交えて紹介いたします。

『明治建築をつくった人びと』コンドル先生と四人の弟子

1999年/カラー/16ミリ/54分

監督
田部純正
撮影
高橋愼二
監修
藤森照信(東京大学教授)
企画
大成建設株式会社
制作
日本映画新社
日本銀行本店
帝国京都博物館
赤坂離宮