ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

オフィスのバリューアップとは

「みんながいきいきとするオフィス」=バリューアップ

オフィスの「バリューアップ」とは、経営者や社員を問わず、そのオフィスに関わる「みんながいきいきとするオフィス」づくりにほかなりません。そのためには、立場の異なる方々のオフィスに対するニーズや思いを幅広く把握し、顕在化した課題を、

  • コストダウンを意識したオフィス
  • 環境に配慮したオフィス
  • ワーカーのモチベーションを向上させるオフィス
  • 災害時に事業継続可能なオフィス

など様々な視点で整理し、みんなが「HAPPY」になるような解決策を発見することが大切です。
それでは、一般にどのようなニーズや思いがあるのでしょうか?

「オフィスのニーズ」は千差万別

施設利用者の満足度を調査する手法に「T-PALET」があり、多くのお客様にご利用いただいています。その中から実際にお客様にお聞きしたニーズや思いをいくつかピックアップしてみました。みなさんのオフィスにはあてはまるものはありますか?

オフィスのニーズは千差万別

「ファシリティマネジメント」で多様なニーズをコーディネート

[オフィスのバリューアップのためのファシリティマネジメントの流れ]
[オフィスのバリューアップのためのファシリティマネジメントの流れ]

このように、立場や業務の違いから思い思いのニーズが生まれます。しかし限られた時間と予算の中ですべてのニーズに対応することは、非常に困難です。大切なことは、それぞれのニーズを公平に同じ土俵に並べ、

  • 経営戦略上重要なこと
  • 利用者にとって重要なこと
  • 共通した課題で相乗効果が高いこと
  • 即応でき、コストがかからないこと

などあらゆる視点から課題を抽出・整理して対策を検討し、その優先順位を決めていくことです。「ファシリティマネジメント」を活用することで「みんながいきいきとするオフィス」を実現します。

バリューアップのポイントも併せてご覧ください!