ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

次世代研究開発棟

topics_melabo.jpg

異業種との協業を推進するオープンラボを備え、主に材料・環境分野の研究・開発拠点となる「次世代研究開発棟」。本施設は、既存躯体を利用したリニューアルでありながら、民間研究施設では国内初となる「Nearly ZEB」の達成を目標としています。

異業種・外部との連携を強化(オープンラボ新設)

当社が積極的に推進するオープンイノベーション活動を加速し、異業種や外部研究機関と連携したタイムリーな研究・開発を推進する実験室「オープンラボ」を新たに設置しました。研究・開発課題に応じて、機器や装置のレイアウトを自由に設定できる空間として、多様なニーズにも柔軟に対応が可能です。また、分野の異なる研究員同志が常時コミュニケーションを図りながら、効率的に研究開発に取り組めるオープンな実験環境を実現しました。

Nearly ZEB」に向けて

当施設は、多くの分析装置や設備を備えるエネルギー多消費型の施設でありながら、実験室内環境最適制御システム「T-Labo.® Next」をはじめとする超省エネ技術の導入により、年間の一次エネルギー消費量を一般的な建物に比べ50%削減可能な設計となっています。また、太陽光パネル装置による創エネで28%を賄い、合計で一次消費エネルギー量の78%削減が可能となることから、民間研究施設のリニューアルでは国内初となる「Nearly ZEB」の達成を目標に検証を進めていきます。

topics_melabo02.jpg
ZEBチャートにおける当施設の位置付け

導入した新技術

主な実験室

topics_melabo05.jpg
オープンラボ
topics_melabo08.jpg
緑化実験室(温室)
topics_melabo10.jpg
微量分析実験室(クリーンルーム)
topics_melabo06.jpg
パイロット実験室
topics_melabo07.jpg
化学分析室
topics_melabo09.jpg
温湿度可変実験室

建物概要

所在地 神奈川県横浜市戸塚区名瀬町344-1
建築面積 1,819.42m2
延床面積 5,191.15m2
階数 地下2階、地上3階
構造 鉄筋コンクリート造
基礎 直接基礎
竣工 2018年9月