ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

イノベーションをつくり加速させる「ビジネスプロデュース」力 概要

講師
慶應技術大学 大学院経営管理研究科
特任教授 岩本隆氏
日時
2017年7月31日(月)15:00〜17:00
会場
新宿センタービル52階大ホール

プログラム

  • ご挨拶、趣旨説明
  • 岩本先生インプットトークと質疑応答
  • テーブルダイアログ

≪講師プロフィール≫

東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス(UCLA)工学・応用科学研究科材料学・材料工学専攻Ph.D.。 日本モトローラ、日本ルーセント・テクノロジー、ノキア・ジャパン、ドリームインキュベータ(DI)を経て、2012年より現在に至る。

 閉塞感のある経済状況を打破する「ビジネスプロデュース」力を提唱されてる岩本特任教授は、「ビジネスプロデュースとは、将来あるべき姿を戦略に落とし込み、仲間やルールを作って社内外を動かして結果を出して行くプロセス」と定義されています。将来の姿を描く段階で、政策サポートが必要と判断したならば、行政に政策提言を行い、民間企業を巻き込んでいくことがポイントとなります。
 つまり、ビジネスプロデューサーとは、市場環境を作ることで産業創出を仕掛けることが出来る“仕掛人”です。“仕掛人”には、本音を引き出す力、世の中を見通す力、組織のモチベーションを上げる力などが必要です。それらの力を高めるには、社内外できちんと将来図を持った相手と議論を重ね、切磋琢磨していかなければなりません。岩本特任教授はその際、重要なのは相手選びだと指摘されています。
 その意味で、本日会場に集まった共通の問題意識を持つさまざまな立場の方々と議論をし、考えをすり合わせることで、優れたビジネスプロデューサーへの第一歩を踏むためのヒントをご説明していただきます。

講演会本文は、こちらをクリックしてください。