ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

医薬品

グローバル化の流れによる業界再編が一気に進んだ医薬品業界。
2005年4月の改正薬事法施行に伴う医薬品製販分離・製造受託への展開がみられ、また、ICH(日米EU医薬品規制調和国際会議)の標準化によって大規模な世界統一市場の形成が予想されるなど、環境が大きく変化しています。

大成建設はこれら一連の大きな変化をいち早くつかみ、医薬品メーカー様、製造受託メーカー様が市場競争に打ち勝つための生産体制変革のお手伝いをしてまいりました。お客様特有の運用方法を的確に把握し、生産機能と建築を一体でエンジニアリングすることにより、高い製造管理・品質管理要求に対応したGMP整備、効率的な生産システムと品質保証体制の構築を実現しています。

大成建設は、1968年以来40年にわたりお客様に選ばれ続け、医薬品施設エンジニアリング業界No.1の実績を有しています。

  • ICH:International Conference on Harmonisation of Technical Requirements for Registration of Pharmaceuticals for Human Use

大成建設の取り組み

大成建設はこれまでの豊富な実績で蓄積したノウハウを元に、高度化する医薬品生産施設をはじめ、化粧品生産施設、研究開発施設づくりにおいて最良のプラン、 最良の技術、最良のソリューションをご提供いたします。

サービス・ソリューション