ホーム > What’s New > 2015 > 女子もゼネコン!〜見てみよう『地図に残る仕事。』〜を開催しました


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

女子もゼネコン!〜見てみよう『地図に残る仕事。』〜を開催しました

2015年8月31日
大成建設株式会社

大成建設は、夏休み期間を利用した、女子小・中・高生向けの職場見学会「女子もゼネコン!〜見てみよう『地図に残る仕事。』〜」を下記の日程で開催しました。

建築現場見学会

日時:8月18日(火)14:00〜16:00
場所:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事

内容
地下5階・地上40階建てオフィスと、地下2階・地上27階建てマンションを施工しているこの現場では、なでしこ工事チームとして多くの女性技術者が活躍しています。見学会では、女性技術者が工事概要を説明した後、オフィス棟32階の床配筋、15階のシステム天井、地下3階の躯体工事を見学しながら、実際の図面を使って工事管理の方法を説明しました。
また、現場見学後は、女性技術者2名とのディスカッションの時間を設け、建設業を選んだ動機や、現場の魅力と仕事のやりがいなど参加者に伝え、建設業への理解を深めてもらうことができました。

技術センター見学会

日時:8月25日(火)14:00〜16:30
場所:技術センター

内容
技術センターでは、人と自然が共生し、豊かな文化が育つ環境を創るために、様々な技術の創出や実験・検証などを行っています。今回は、民間企業としては国内最大級の「津波造波装置」や、風を発生させ建物やその周辺での風の動きと影響を解析する「風洞実験装置」、創エネと省エネによりビルのエネルギー収支をゼロにする“ゼロエネ”実証のための「ZEB実証棟」といった施設見学と、計画・設計・施工段階での建物やその性能(居住性、快適性、安全性等)を仮想体感できる「バーチャルリアリティ体験」を通して、建設に関わる様々な先端技術に触れてもらいました。
各種施設の見学後は、女性研究員5名とディスカッションの時間を設け、なぜ理系に進学したのか、仕事にどのようなやりがいと楽しさを感じているかなど、理系職種の魅力を伝えました。

これらの見学会は、内閣府と経団連が女性の理系進学を推進するために主催する「夏のリコチャレ、理工系の仕事を体感しよう」という職場見学や体験イベントに賛同して行ったものです。理系職種の面白さや魅力を見学会を通して参加者が感じ、将来進路選択をする時期に理系を選択していただける動機の一つとなることを願っています。
大成建設は、今後も女性の理系進学を応援してまいります。

女子もゼネコン!

お問い合わせ先:人事部人材いきいき推進室