ホーム > What’s New > 2015 > 「エコライフ・フェア2015」に出展


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

「エコライフ・フェア2015」に出展

2015年6月12日
大成建設株式会社

 当社は、6月6日(土)・7日(日)の2日間、環境省主催の「エコライフ・フェア」に出展いたしました。
本フェアは、環境省が毎年6月の『環境月間』にちなんで、地方公共団体/業界団体/企業/NGOと共に実施しているイベントで、今年は「この美しい地球を守りたい」をテーマに、エコを楽しく体験・体感できる展示ブースのほか、ステージやワークショップなどで今日から実践できるエコライフの提案が行われました。
当社は昨年に続いて建設会社では唯一展示ブースを設け、武蔵野大学並びに玉川大学による「子供向け環境教育プログラム」※1の実践や生物多様性簡易評価ツール「いきものコンシェルジュ」のデモンストレーションを行いました。
好天にも恵まれ、2日間で親子連れなど中心に約300名がブースを訪れました。また、7日には望月環境大臣や福山環境大臣政務官がブースを訪れ、「いきものコンシェルジュ」の実演などを体験されました。

 
「エコライフ・フェア2015」に出展
 
※1 武蔵野大学,玉川大学との連携について
武蔵野大学有明キャンパスのビオトープに導入した当社技術「アクアトープ」のモニタリングや教員派遣を機に、昨年のフェアから大学環境プロジェクトチームと連携しています。
玉川大学は環境エデュケーター(指導者)要請プログラムなど環境啓発・推進に積極的に取り組み、様々な体験活動(アクティビティ)を行っていることから、当社環境本部に在籍する出身技術者を介したインターン受入れ等を契機に今年のフェアでの連携が実現いたしました。
  <参考>