ホーム > What’s New > 2014 > CDPエグゼクティブ・チェアマン ポール・ディキンソン氏来社


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

CDPエグゼクティブ・チェアマン ポール・ディキンソン氏来社

2014年10月23日
大成建設株式会社

 去る2014年10月16日(木)、英国NPO組織CDP*1のエグゼクティブ チェアマンであるポール・ディキンソン氏が来社され、当社環境本部の多田企画管理部長と会談しました。

 地球温暖化対応の具体的な取り組みの1つとして、本年6月に完成した当社のZEB実証棟について紹介し、環境配慮技術を推進する日本の先進企業における、今後の気候変動に対する役割の重要性などについて活発な議論が交わされました。

 当社は2014年度の調査において、3年連続で開示先進企業(CDLI)に選出され、日本の総合建設業で最高得点の98点を取得しました。また、本年度より実績先進企業(CPLI)にも選出されました。

 
CDPエグゼクティブ・チェアマン ポール・ディキンソン氏来社
 
*1 CDP ロンドンに本部を置く、世界的なNPO組織。全世界の約3分の1の投下資本に相当する、92兆米ドルを運用する767の機関投資家を代表して、「温室効果ガス排出量や、気候変動に対する管理等に対する情報開示調査」を毎年行い、気候変動が企業活動に与える影響を開示するよう質問状を送付しています。