大成情報システム 採用サイト

ENTRY

業務内容

「ICTで大成建設グループを支える」企業として

大成建設グループのICT部門の情報会社(機能分担子会社)として大成建設の情報企画部と一体となり、大成建設グループ全体をICTでサポートします。
具体的には、グループ内のICT戦略、企画、調達、開発、保守、運用を行っており、その他に、グループ内のICTに係わるGRC(ガバナンス、リスク管理、コンプライアンス)を統括しています。

TAISの仕事紹介

システム開発

ユーザの業務をより便利に幸せにする“立役者”

大成建設及び大成建設グループの業務システムの開発を行っています。ユーザの要求により、設計、プログラミング、テストを行い、システムを作り上げることが仕事となります。開発業務には役割があり、プロジェクトを推進していくプロジェクトマネージャ(PM)と、要件をまとめ設計を行うシステムエンジニア(SE)、そしてプログラムを書くプログラマ(PG)に分かれます。当社は主にPMとSEを担い、協力会社とともにシステムを構築しています。PMは、決められた予算とスケジュール、コストでシステムを完成させるために、計画を立て日々進捗管理を行い、問題があれば対策を行うことでプロジェクトを成功へと導きます。SEはユーザからの「こんなことをしたい」「これを便利にして」という要求に対して、どのように実現していくかを考え設計します。どちらも良い物を作りたいという情熱や熱意が大事で、その上でコミュニケーション力が非常に問われる仕事です。

仕事の魅力・
面白さ

  • 自分が作り上げたシステムを利用して、ユーザが喜んでくれた時がやりがいを感じる瞬間です。
  • そのシステムがユーザの業務をどれだけ効率化させたのか、目に見えてはっきり分かるので手ごたえがあります。

システム運用・保守

システムについて相談を受け、問題を解決する“主治医”

大成建設および大成建設グループの業務システムの運用・保守を行っています。システム運用は、「開発したシステムが正常に動作しているかを確認し、トラブルが起こらないよう安定的に維持管理する」という重要な役割を担っています。毎日の監視業務はもちろん、ユーザからの問い合わせやシステム障害に適切かつ迅速に対応しています。一方、システム保守は、ユーザからの機能改善要望や法改正などに対応し、システムの一部に変更を加えたり、新たな機能を追加しています。システム開発同様、設計からリリースまでの一連の作業を行っています。システム運用・保守は、ユーザの相談を受け、問題を解決していく“主治医”のような存在です。

仕事の魅力・
面白さ

  • システムを改善していく中で、自然と業務に対する知識も深まり、自分がユーザにとって“なくてはならない存在”になったと実感できます。
  • 改善提案がうまくいき、ユーザから直接感謝の言葉をもらった時に、大きな喜びを感じることができます。

情報インフラ

先々のことまで考えてグループ全社の情報インフラを見守る“監視役”

大成建設及び大成建設グループのインターネットや社内LAN、ファイアーウォールなど、ネットワーク全般の構築を行っています。また、各種サーバやデータベースの導入・運用保守も担当しています。インフラがダウンすると、数多くの業務が停止するなど影響が大きいため、構築時には障害時の復旧方法まで考えて設計を行っています。また、安定稼動のための監視も重視しており、障害発生時の検知だけでなく、障害の予兆も検知可能な仕組みを導入し、日々のチェックを行っています。常に先々のことまで考えてインフラを構築し、そして見守ることで、グループ全社を支えています。

仕事の魅力・
面白さ

  • インフラの業務は、どのようにしてデータの通信が行われるのか、サーバのOSはどんな特性があるのかといった、ネットワーク関連の専門的な知識を学べます。
  • 仕事の構造が分かるようになり、グループ全社のインフラを担うという責任を再確認した時、大きなやりがいを感じます。