大成情報システム 採用サイト

ENTRY

““提案型”のSEを目指して 打たれ強さを武器に、チャレンジを続けていく 2014年入社 ITエンジニア システム運用・保守担当 “提案型”のSEを目指して 打たれ強さを武器に、チャレンジを続けていく 2014年入社 ITエンジニア システム運用・保守担当

すべての上司・先輩から“見守り”がある、アットホームな職場

私は入社後インフラ・サーバ系の部署を経て、1年前から先輩の吉田さんの指導の下、大成建設の総務系システムの運用・保守を担当しています。これまで吉田さんが担当していた業務を少しずつ引き継ぎながら、仕事の進め方を学んでいる毎日です。ユーザである大成建設総務部門の担当者との打ち合わせに同席したり、協力会社への発注から品質チェック・納品までの一連の作業を経験したりと、この一年で運用・保守業務とは何かを理解することができました。最近では、小さなプロジェクトなら一人で任せてもらえるようになりました。もちろん、まだまだ詰めが甘く課題も多いので、日々反省の毎日です。先日も担当したシステムの品質チェックに一人で臨んだのですが、品質管理担当から厳しい指摘事項を受けました。かなり絞られてしょんぼりデスクに戻ってきたら、チームリーダーがちゃんと見ていてくれて、慰めのお菓子をくれました(笑)。吉田さんはもちろんのこと、すべての上司・先輩からきちんと“見守り"があり、アットホームな雰囲気の中で仕事ができるのが当社の魅力です。そもそもこの会社への入社を決めたのも、就職活動中、社員の温かい人柄に引かれたからです。2年経った今もその時感じた温かさ・居心地の良さは変わらず、この会社を選んで本当によかったと思っています。

出席管理システムは初めて任された思い出のシステム

これまでの仕事の中でいちばん印象に残っているのは、入社2年目の夏に担当した出席管理システムの開発です。カードリーダーから取得した従業員情報を元に会議の出席者を管理するシステムで、初めて私が主担当として開発を進めました。基本設計から実装、テストまでシステム開発業務に一から取り組みました。この開発でもやっぱりお世話になったのは吉田さんです。参考資料探しをはじめ、設計の基本を一から丁寧に教えてもらいました。私が質問すると最初から正解を教えるのではなく、「こういう図を描かなかった?」「こんな資料を渡さなかったっけ?」と私に考える時間を与えてくれるので、自分の中で疑問点をしっかり消化し、知識として定着させることができました。何度も失敗を繰り返したからこそ、多くのことを学ぶことができました。こうして試行錯誤を重ねながら最終的に一つのシステムを作り上げることができた達成感と喜びは忘れられません。会議で出席管理システムが使われている場面に遭遇すると嬉しくなります。

迷いながらも辿り着いたSE職。就活を通じ仕事の“幅”を知った

私は理学部数物科学科出身で、専攻は天文学でした。研究室で、銀河の撮像データを波長や素子ごとにデータ処理するためのシステムを構築する機会があり、システム関連の仕事に興味を抱きました。ただ、SE職一本に職種を絞って、就職活動を開始したわけではありません。最初のうちは何がやりたいのかはっきりしないまま、自分の生活に身近な仕事がいいと、メーカー中心に活動していました。ただ、そのうちエントリーシートを書き進める手が止まってしまいました。そこで初めて自分としっかり向き合い、本当にやりたい仕事について真剣に考えた時、SEへの興味が再燃してきました。同業他社の大手建設会社情報システム部に就職した大学の先輩に、「SEという仕事を通じて日々目に触れている建築物に携わることができる」という話を聞いた時は、目から鱗が落ちる思いでした。学生の皆さんには、SE=パソコンに向かってプログラミング三昧の、不規則でハードな仕事ばかりではないということを、ぜひ知っていただきたいと思います。

今後は、業務知識をもっと増やし、自分から改善点を提案できるエンジニアになっていきたいです。ユーザの意見を聞くだけでは、当社のSEとしては力不足です。私は学生時代まで大きな挫折や失敗とは無縁でした。ところが、就職してからは一転、壁にぶつかってばかりの毎日です。ただ、挫折経験があまりないのが幸いしたのか、困難に行き当っても「なんとかしなきゃ」と思うばかりで、くよくよ落ち込んだりはしません。この打たれ強さを武器に、これからも様々な業務や課題にチャレンジしていきたいです。

「先輩」から「後輩」へ

深澤さんとの付き合いも1年になります。いつも元気で何事にも真面目に取り組んでくれるので、先輩としてはとてもありがたい存在です。総務関連業務は、年に一度しか使用しないシステムを扱うこともあるので、私たちの仕事は丸2年経験して、やっと全容がつかめてくるものです。今はまだ「何が分からないかが、分からない」状態だと思います。でも大丈夫です。私もそうやって成長しましたから。一歩一歩着実に業務をこなし、失敗からたくさん学び、次へつなげていって欲しいと思います。私はその成長をできる限りサポートしていきます。(先輩:吉田 登紀子)

PRIVATE

毎週火曜日は「習い事の日」と決めて、定時退社後に茶道教室に通っています。学生時代から10年間続けている趣味で、静かなお茶室に入ると、すぐに仕事モードからプライベートモードに頭を切り替えることができるので、いい気分転換になっています。社内でも社員同士の交流が活発で、「サッカー部」「テニス部」など様々なサークル活動があります。お菓子が大好きな人たちが集まる「スイーツ部」というユニークなサークルもあります。社内には茶道を嗜む先輩が結構いるとの情報を得たので、そのうち茶道部もできるかなと楽しみにしています。