大成情報システム 採用サイト

ENTRY

エンジニアの領域を越えた “スペシャリスト”になるのが目標 2002年入社 シニアエンジニア  システム運用・保守担当 吉田 登紀子 エンジニアの領域を越えた “スペシャリスト”になるのが目標 2002年入社 シニアエンジニア  システム運用・保守担当 吉田 登紀子

ユーザの業務を理解し、気持ちに寄り添うことが求められる仕事

私は現在、大成建設総務部門が利用しているシステムの運用・保守を主に担当しています。具体的には、建設業務に必要な固定資産減価償却費やリース料、現場事務所費、保険料などの諸経費処理に関わる、大規模なシステムから小規模なシステムまで複数扱っています。ここ一年ほどは後輩の深澤さんとペアを組んで仕事を進めています。最近では簡単なプロジェクトなら彼女一人に任せられるようになってきたので、とても助かっています。

現在の私の業務は、プログラムを書いたり新規でシステムを開発したりといった作業はあまり多くなく、既存のシステムをいかに使いやすくするか、不具合があった場合にすぐ改修できるかという点に主眼を置いた運用・保守業務がメインとなっています。この仕事は、実際にシステムを使用される方の気持ちに寄り添うことが求められ、特に大成建設の様々なユーザの業務内容を理解することがとても大切です。ユーザの業務が分からなくては、システムの運用・保守業務はできません。幸い大成建設も同じビルに入っており、フロアの移動だけでユーザの皆さんとコミュニケーションが取れる環境です。地の利を生かした活発な意見交換から改善点が生まれます。それらの改善点やユーザの要望を協力会社に発注し、構築されたシステムを検収・テストして納品するまでが、私の一連の業務になります。

複数のプロジェクトが重なる苛烈な日々。乗り切った達成感は大きかった

今年で入社14年になりますが、私は一貫してこの運用・保守業務に携わってきました。会社の中では少し珍しい存在かもしれません。これまでの長い“運用・保守人生”の中で最も印象に残っている仕事は、2年前に経験した複数のプロジェクトです。ちょうど建設業界に関わる法改正とユーザ要望による大規模システム改修が重なり、当社は開発プロジェクトで手一杯の状態でした。すでに中堅社員であった私もいくつもプロジェクトを任され、残業の毎日でした。あれほど忙しかった時期は、後にも先にも経験がありません。プロジェクトごとに異なるユーザや、様々な協力会社の担当者とシステムの仕様についてやり取りし、てんやわんやな状態が半年ほど続きました。でも、苦しかったからこそ、納品し終えた時の満足感・達成感はこれまで感じたことのないほど大きなものでした。「やり切れた」という自分の自信につながるいい経験になりました。

“技術”だけでは終わらないのが、当社のSEならではの面白さ

学生時代は主に情報検索について学び、図書館司書の資格も取得しましたが、システムについてはほぼ未知の状態でした。SEの道を選ぶきっかけは、授業で学んだホームページ作成です。物を作るということにとても興味を引かれ、SE職を目指すことにしました。当社のようなIT子会社のSEの魅力は、いわゆる“技術職”だけでは終わらない部分です。たとえばシステム開発だけを請け負う会社のSEなら、納品すればそれで業務が完結することが多いと思います。でも、私たちIT子会社は納品後も運用・保守という仕事があります。そしてその先には提案という仕事が待っています。また、常に多くの人と関わりあうことができます。そして、一つとして同じプロジェクトはありません。深みのある仕事なので、とてもやりがいを感じています。

後輩への指導については、初めから答えを教えすぎないよう気を付けています。少しずつヒントを与えて自分で考えさせることにしています。私が新人の頃は優秀で優しすぎる先輩たちが多く、常に答えを頂いて甘やかされたと感じているので、この経験を反面教師とし、「新人時代の自分は何がわからなくて困っていたのか」を考えながら指導しています。私もゆくゆくはマネジメントをする立場になる時が来ると思いますが、当面は今の仕事が楽しいので、運用・保守業務を極めたいと思っています。まずは、ユーザ以上に業務内容に詳しくなり、かつシステムのプロでもある“スペシャリスト”になるのが目標です。「吉田さんに聞けば何でも解決してくれる」と誰からも頼られる存在になれれば理想的です。

「後輩」から「先輩」へ

今の部署に配属されて以来、吉田さんとペアを組ませて頂いていますが、業務の段取りから作業の進め方まで、すべてが勉強になっています。当社には定額制研修をはじめ様々な教育サポートがありますが、自己研鑽が趣味(?)の吉田さんは、社内で1、2位を争うほどたくさんのセミナーに参加されています。そこで得た実務に役立つスキルを惜しみなく教えてくれます。私も先輩を見習って自己研鑚に励みます!(後輩:深澤 鮎乃)

PRIVATE

運動が大好きで、仕事終わりにホットヨガへ週数回、フットサルへ月1回のペースで通っています。最近はボルダリングにもはまっています。多趣味なので予定の調整が大変です(笑)。お酒を飲むのも大好きなので、疲れた日や誰かと話したい時は、一人で行きつけのバーに飲みに行きます。以前、友人になじみの店に連れて行ってもらい、以来“自分だけの一軒”に憧れていました。異業種の方や、幅広い世代の方と色々な話ができて楽しいし、見聞も広がるので、そんな一人の時間も大切にしています。