水族館を再生する

ライフサイクル

施設を、企画段階からリニューアルに至るまで「ライフサイクル」として捉えることが経営資源として、有効に活用することにつながります。
ライフサイクルを構成するフェーズを企画・事業化から、リニューアル・更新の4つに設定し、総合的な計画と各フェーズで事業化にあった施設の在り方を提案致します。

フェーズ ご提案 支援技術
Phase1
企画・事業化
事業目的を明確にし、施設計画との整合性をはかります。 PDF大成ヒアリング手法「T-PALET」(PDF:176KB)
大成ヒアリング手法2「ニーズマップ」
投資対効果評価
PDF建物設計与条件設定技術(PDF:146KB)
PDF建物ライフサイクルコスト評価・LC設計(PDF:144KB)
Phase2
施設設計・施工
地域の人に愛される、魅力ある施設を実現します。 施設シミュレーション技術
PDF省エネルギー計画手法(PDF:140KB)
マルチメディア技術
PDF深層水利用計画技術(PDF:108KB)
Phase3
運営管理・維持保全
合理的な施設運営と的確な施設維持を実現します。 PDF中長期修繕更新計画支援技術(PDF:148KB)
PDF不動産情報管理システム(CAFM)(PDF:246KB)
Phase4
リニューアル・更新
安全で魅力ある施設を永く維持していきます。 リニューアル計画技術
建物診断技術
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。