水族館を再生する

傾向と今後の方向性

1980年代前半までの水族館は主に室内での水槽展示でした。その後、須磨海浜水族園の登場から次第にその姿が変わってきました。

ステップ

6つのステップで、水族館再生に向けて取り組みます。

ライフサイクル

企画段階からリニューアルまで、施設を「ライフサイクル」と捉えることで、経営資源として有効活用することにつながります。

実績

水族館は、日本全国に約70館あります。このうち、大成建設は約2割を手がけています。

関連情報
[サービス・ソリューション]

ページ上部へ