土壌浄化技術

PCB・ダイオキシン

超音波電気分解

対象 PCB・ダイオキシンに汚染された土壌・底泥
工法 超音波と電気により、土壌中のPCB・ダイオキシンを常温常圧で無害化する工法
特徴 温和な条件での分解技術であるため環境負荷が小さい
搬出を伴わない原位置浄化が可能
PCB原液を含む高濃度汚染の処理が可能
PCBs汚染土壌を粗粒分と細粒分に分級した後、粗粒分は土壌洗浄し、洗浄水と細粒分は超音波電気分解により脱塩素し、無害化します。
  • 常温常圧での分解技術であり爆発等の危険がありません。
  • 使用するユーティリティーが水と電気のみのため取り扱いが容易です。
  • 設置・配管に特別な技術を必要としないため、可搬性に富んでいます。