土壌浄化技術

PCB・ダイオキシン

白色腐朽菌

白色腐朽菌が生成するリグニン分解酵素を用いたDXNsの新しい酵素分解システムで、高温・高圧処理とは異なり、省エネルギーで排ガスやCO2の発生もなく、周辺住民のコンセンサスを得やすい処理法。
対象 PCB・ダイオキシンに汚染された土壌・底泥
工法 酵素により、土壌中のPCB・ダイオキシンを常温常圧で無害化する工法
特徴 温和な条件での分解技術であるため環境負荷が小さい
搬出を伴わない原位置浄化が可能
安価
白色腐朽菌が生成するリグニン分解酵素を用いたDXNsの新しい酵素分解システム
  • 消費エネルギーが少ない。
  • 処理期間が短い
  • 分解中の安全性が高い

白色腐朽菌の処理法