土壌浄化技術

油汚染

油汚染ガイドラインの発行により、「油汚染問題」に対して社会的関心が高まりをみせています。「油汚染対策ガイドライン」は、法律のような規制的制約はなく、鉱油類を含む土壌を対象とし、生活環境保全上の支障の観点から人の感覚(油臭・油膜、補完手段としてTPH濃度)により調査・対策を行うとしています。
工場や、ガソリンスタンドの地下埋設貯蔵タンクからの漏洩が原因で土壌汚染、地下水汚染を引き起こしています。油汚染問題には周辺地域の生活に害を及ぼすほか、土地の資産価値低下、企業イメージ低下など、様々なリスクを抱えています。

DN11株

世界初!嫌気性のDN11株を汚染地下水に導入してベンゼンの分解を促進する浄化技術です。

低温加熱分離法

燃焼ではなく、土壌を低温加熱し、油分を気化分離・固着化させて浄化する技術です。
気化油分を含んだ排ガスは、脱臭処理し無害化します。

バイオパイル

酸素と栄養塩を供給することにより、土壌中に生息する微生物を活性化し油分を分解する浄化技術です。土着微生物を用いるため二次汚染が無い事が特徴です。

バイオベンティング

土壌中の揮発性油分を回収すると同時に、通気による土着微生物の活性化で油分を分解する浄化技術です。掘削不可能な土壌に適しており、操業中の工場や住宅地でも適用可能です。

注水バイオスパージング

汚染土壌に井戸を掘削し空気と微生物活性剤を含んだ水を同時に地盤内に供給する浄化技術です。これによって活性剤が地盤内に均一に供給され、微生物の活性化を長期間安定的に維持する事が可能です。

ページ上部へ