土壌浄化技術

油汚染

DN11株

これまで、ベンゼンによる汚染地下水のバイオレメディエーションは好気性のベンゼン分解菌を利用するため、地下水への酸素供給にコストがかかりました。大成建設は、ベンゼンによる汚染地下水に対し、DN11株が嫌気性環境で浄化効果を発揮することを世界で初めて実証いたしました。
null
DN11株を汚染地下水に導入する事により、酸素を供給することなくベンゼンの分解を促進する浄化技術です。
対象 ベンゼンによる汚染地下水
工法 嫌気性のベンゼン分解菌により地中のベンゼンを分解
特徴 低コスト・省エネルギーの原位置浄化技術
地盤環境を変えないため、環境負荷が小さい
「バイオレメディエーション利用指針(経済産業省、環境省)」への適合・安全性の確認済み

DN11株によるベンゼン汚染地下水の浄化イメージ図

DN11株によるベンゼン汚染地下水の浄化イメージ図