土壌浄化技術

油汚染

バイオパイル

酸素と栄養塩を供給することにより、土壌中に生息する微生物を活性化し油分を分解する浄化技術です。土着微生物を用いるため二次汚染が起こりません。国内最多の実績があります。
対象 油含有土壌
工法 適切な微生物の活性環境を整えて油分を分解、無害化する工法
特徴 処理コストの低減・環境負荷の低減
土着微生物を用いるため二次汚染が無い
軽質油で90%程度、重質油で50%程度の浄化率
油臭・油膜を分解除去
低温期も促進剤と保温材で適用可能(Win Bio工法)
高濃度油含有土壌も前処理により効率化(Pre Bio工法)