土壌浄化技術

重金属

重金属とは一般的に密度4g/cm2以上の金属を指しますが、「土壌汚染対策法」でいう重金属等にはほう素、ふっ素、砒素、セレンのような非金属やシアンのような化合物も含まれています。重金属等は、揮発性有機化合物と比べ、一般に土壌中を移動しにくく、常温では揮発しにくい特徴があります。また、土壌・地下水環境中のpH、酸化還元電位、他の物質の存在などにより、イオン、化合物、錯体等様々な形態で存在します。そのため土壌汚染対策法では、「直接摂取によるリスク」と「地下水等の摂取によるリスク」の2種類の観点から「土壌溶出量規準」、「土壌含有量規準」が定められています。重金属は自然界にもともと存在するものであるため、自然由来により土壌・地下水からしばしば検出されます。また、一般に体内に蓄積する傾向があり、生物に対し毒性の強いものが多く、工場の産業廃棄物などから排出される重金属が、しばしば地下水や土壌などの環境中に浸出して汚染を引き起こす原因になっています。

注水バイオスパージング(シアン)

活性助剤を投入することによって短期間にシアンを浄化することが可能にした工法です。

土壌洗浄法(シアン)

これまで困難だったシアンの浄化を一度の洗浄で行うことを可能にし、コストの約3割低減と工期の短縮を実現しました。

土壌洗浄法

分級と洗浄により浄化する技術です。掘削した汚染土壌を水で洗浄し汚染物質を土粒子から分離します。

固化・不溶化

各種重金属に適した薬剤やセメント等を混合し有害重金属等を化学的に溶出しにくい性状(安定・無害化)にする技術です。

加熱浄化

特殊添加剤により効率的に汚染物質を加熱分離し、土壌を無害化する技術です。

ページ上部へ