土壌浄化技術

重金属

土壌洗浄法

掘削した汚染土壌を水で洗浄し汚染物質を土粒子から分離します。分離した汚染物質は、粘土分などの微細粒子に吸着される部分と水に移行する部分とに分かれます。微細粒子に吸着される部分は分級操作により粒子ごとに選別回収し場外処分します。分級洗浄により、場外処分量を低減し、無害化した土はリサイクル土として場内に埋め戻しが可能です。
対象 重金属・石油汚染
工法 分級と洗浄による浄化工法
特徴 場外処分量を低減し処理コストを低減
無害化した土はリサイクル土として場内に埋め戻しが可能
比較的短期間で浄化が可能
重質油系石油汚染土壌の浄化にも対応可能

施工実績