土壌浄化技術

揮発性有機化合物

揮発性有機化合物(第一種特定有害物質)とは、常温常圧で大気中に容易に揮発する有機化学物質の事を言います。近年、工場移転等によって跡地の再開発をすることが多くなったことで、工場跡地で揮発性有機化合物等の土壌汚染やこれに伴う地下水の汚染が次々に発見されるようになっております。ここでは、揮発性有機化合物(第一種特定有害物質)が原因で引き起こされる土壌汚染を浄化する技術をご紹介いたします。

化学分解法

地中に特殊浄化剤を混入し汚染物質を分解する浄化技術です。

土壌ガス吸引法(SVE)

稼動中の工場敷地を原位置で浄化する技術です。

石灰混合抽出法(LAIM)

生石灰の水和反応熱と砂状化を利用して浄化する技術です。

ページ上部へ