土壌浄化技術

汚染調査・解析

最適な対策を立てるためには、汚染状況をいかに正確に把握するかが重要です。汚染調査の数量と期間、費用は、使用されていた物質、時期、期間、地質や地下水の状態など多くの要因によって変わってくるため、最初に関係者へのヒアリングを行い、周辺を含めた土地の利用変遷などを確認します。さらに、現在の周辺環境と公開されている環境測定データを元に土壌汚染の可能性を評価し、調査対象物質を特定して土壌汚染調査を立案していきます。
大成建設では、多くの実績から蓄積されたデータベースを活かすことにより、調査費用を最小限に抑えます。

調査計画プログラム(ISCoS)

汚染調査の区画選定・計画・コストを正確・迅速にご提案するためのプログラムをご用意しております。

調査計画プログラム(ISCoS)
STEP1
お客様より有害物質の使用履歴を伺い、その情報を入力します。

STEP2
自動化されたプログラムより、法律に則した区画割付を行います。

STEP3
最適かつ最も経済的な区画割付を決定します。 ※独自に開発したプログラムにより調査の区画割付を短時間に、かつ正確に行うことができます。

STEP4
積算額の提示

汚染調査結果の可視化

履歴等調査で推定した汚染メカニズムと現地調査から得られた結果の関わりを比較・評価いたします。

  • 既往の汚染形態と、地盤特性、地下水流動、水位、汚染物質の特性を把握し妥当性を評価します。
  • 周辺の住民への説明用として、また行政への報告資料としてご活用いただいております。

簡易移流拡散予測プログラム

汚染の拡がりと対策を施した場合の効果をシミュレーションいたします。

【お客様のメリット】
  • ミーティングの場で解析結果をご確認いただけるため、以後の対策をスムーズに決定することができます。
  • 解析結果が可視化されることで、汚染状況、対策効果のイメージを共有することができます。

簡易移流拡散予測プログラム

ページ上部へ