土壌浄化トータル支援

2003年に環境省が施行した土壌汚染対策法では、有害物質使用特定施設を廃止する際に土壌汚染調査および浄化措置を行うよう定められました。これを受けて、自治体条例、不動産鑑定基準、宅建業法も強化改正され、工場跡地の売買や用途変更の際に土壌汚染のリスクが大きな負担となっています。さらに2010年4月1日の改正により規制が強化され、企業の社会的責任がますます問われるようになりました。

大成建設は、長年培ってきた土壌・地下水に関する専門ノウハウや施工技術を多種多様な条件の汚染対策に活かし、土壌の調査から浄化対策まで、一貫してお客様のご要望にお応えいたします。

不動産売買時の対応

不動産売買時の対応

スピーディーな対応が必要な不動産売買時の浄化技術をご説明いたします。

油汚染問題への対応

油汚染問題への対応

関心が高まっている油汚染ガイドラインの概要をご説明いたします。

豊富な実績

豊富な実績

土壌浄化において当社には国内トップクラスの実績があります。

ページ上部へ