コンバージョン(用途転換)


コンバージョンとは


コンバージョンは現状の建物用途を変更して、新たな用途で建物を再生、活用する手法です。厳しい時代を乗り越えるのに適した多くのメリットを有しています。

コンバージョンのメリット

  • 供給過剰なマーケットから需要の多いマーケットに用途転換し、収入をより確実にします。
  • 解体建て替えに比べて、短期間で安価に新機能の建物として更新させます。
  • 建物の資産価値を向上させ、より高価値なビルとします。
  • 一部の入居テナントの営業を継続させながら、ビル機能向上(免震等)と用途の転換が一度に図れます。
  • テナントのつきにくいビルの一部分を別の用途に転用し、賃料収入をアップさせます。
  • 助成金・補助金制度適用の可能性があります。

コンバージョン成功の秘訣:実現に向けた3つのポイント

コンバージョンを成功させるには乗り越えなければならない多くのハードルがあります。大成建設では精鋭スタッフがコンバージョン専門部隊を結成。あらゆる角度からきわめて精度の高い分析・評価を行い、プロジェクトの成否を的確に判断します。

市場性評価

市場性評価

市場競争力のある建物用途への変更計画を検討します。

建物計画評価

建物計画評価

現行法規に適合する設計プランを検討します。

事業性評価

事業性評価

LCC、建物修繕計画などを踏まえ事業性を検討します。

コンバージョン実績

コンバージョン実績

新しい建物として生まれ変わったコンバージョン実績をご紹介します。

ページ上部へ