ホテル・旅館のリニューアル

実践プログラム

厳しい環境や条件をひとつひとつクリアして、目標達成するまでのステップを描いたフルパッケージ戦略です。 『ヒアリング』、『分析』、『解決案』、『実践・達成』の4つのフェーズにより、共に検証を行い改革をしていきます。 次のステージへのステップアップのイメージを膨らませてください。

1.現状の把握 --- 「己を知る」ために客観的な認識をする

ヒアリング及び調査を通じて、専門コンサルタントとのコラボレーションによりソフト・ハードの初期診断を行い、課題の共有を図ります。
現状把握のためのヒアリング事例
A.売上状況の把握と予測 B.運営現状の把握 C.経営数値の現況把握
  • 売上実績の数値変動
  • 予約状況の推移検証
  • 顧客管理手法の検討
  • 組織と要員数
  • 各部門の職能定義(権限と責任実態)
  • 運営システムの把握
  • GOP(金利償却前営業利益)の把握
  • 部門別損益の把握
  • ホテル賃料の把握
D.マーケット評価の認識 E.特色・個性の把握 F.施設総合評価
  • 各種業界ランキングの検証
  • 「ゲストコメント」の検証
  • 市場動向認識の検証
  • 競合他社との差別化検証
  • 「サービスメニュー」の内容検証
  • 特徴に富んだ商品内容の検証
  • 建築・設備の劣化診断
  • 施設商品の性能評価
  • エネルギーコスト調査

2.自己分析 --- 「問題点」の整理・改善すべき課題を共有する

  • 売上漸減要因検証
  • 硬直的な組織
  • 自己認識の欠如
  • コスト管理の欠如
  • 商品の魅力度衰退
  • 非効率な施設配置

3.解決 --- 再生プランへの解決のポイントを挙げる

4つの視点から、優先順位を設け、提携ネットワークによる事業プランなども視野に入れた運営・経営戦略を立案します。
ブランド構築 売上アップ
  • コラボレーションによるサービスメニューの提案
  • 収入構造変革への新提案
  • ライフスタイル型商品の開発
  • 顧客満足度アップの提案
  • 新しい送客チャネルの提案
  • 効果的な予約システムの構築
  • WEBサイトの構築など販売ツールの制作・提案
コストダウン 事業戦略
  • ファシリティーマネジメントによる施設の最適化策の提案
  • 経費抑制策の提案
  • 省エネルギーシステムの提案
  • アソシエーション設立の提案
  • 業態の再構築、業績転換への提案
  • ホテル現状および価値評価(Due Diligence)
  • オペレーターの見直し
  • 不採算部門のテナントへの転換
  • 用途転換(コンバージョン)へのアシスト

4.実践・達成 --- 高い収益をあげるホテル・旅館を実現する

    実践例/客室リニューアルの場合
  • ADR(実質販売室料)のアップ
  • 客室稼働率のアップ
  • 運営コストの削減
  • 商品競争力の確保

ページ上部へ