オフィスリニューアル

環境対策

屋上緑化や省エネシステムを導入して地球環境に貢献

環境対策成功のプラスα

  • 環境に関連した法令の遵守はコンプライアンス上必要不可欠です
    京都議定書発効に基づく地球温暖化対策推進法、東京都環境確保条例など、地球温暖化防止のための法律が規定されていますが、今後ますます厳しくなる傾向にあります。わかりにくい内容ですので、プロによる適切なアドバイスが必要です。
  • 環境負荷の小さな材料、機器、工法を採用し、環境に配慮したリニューアルを行います
    地球温暖化対策に取り組みたいと思っても、費用対効果の高い投資を行いたいものです。大成建設は、屋上緑化、省エネ、新エネ(太陽光発電、風力発電、燃料電池)など数多くの対策項目の中から、エコビルに生まれ変わる為の最適な対策項目をご提案します。環境対策は、CSR上も大変重要な項目です。

環境負荷の小さな材料、機器、工法を採用し、環境に配慮したリニューアルを行います

[建物緑化]一般の屋上と比べて真夏では20〜30℃も表面温度が低くなることがあります。直下階では、空調負荷が16%下がるという試算も出ています。
[テプサム緑化基盤・保水ブロック] 発泡スチロール廃材を骨材に活用した新しい植栽基盤パネルで、屋上緑化や壁面緑化に利用できます。

太陽光発電システムの事例

[太陽光発電システム]ただ屋上に鋼製の架台を組んで載せるのではなく、外観のデザインに合わせた形で配置します。

あなたのビルも、本当の環境対策に取り組んでみませんか。

ページ上部へ