オフィスリニューアル

省エネルギー対策

省エネシステムの導入でランニングコストを削減

省エネルギー対策成功のプラスα

  • 省エネビルへの変身は、省エネ診断から始まります
    ビルの省エネにはどんな方法があるのか、費用対効果の高いものはどれかなど、難しい問題がたくさんあります。これらを解決するには、省エネ診断が欠かせません。大成建設は、ビルのエネルギー消費の特徴を踏まえて、最適な省エネ計画をご提案します。

ビルの省エネ項目



[屋上緑化屋上に芝などを植えて空調負荷を低減させるものですが、軽くて水使用量が少ないことがポイントです。
[太陽光発電]設置場所や発電容量に応じて、適切な太陽電池の種類を選定することがポイントです。
[日射遮蔽フィルム]フィルムを窓ガラスに貼ることにより、日射を遮り空調負荷を低減します。
[個別空調システム各階・各室に空調機を分散するシステムで、必要な部位だけの空調運転が可能です。
[高効率照明器具]効率の高いHfランプを採用した照明器具により、照明電力の低減を図ります。
[節水器具]自動水栓、節水便器、擬音装置など節水器具の使用により、水道料金の削減が可能です。
[CO制御]室内のCO濃度によって必要以上の取入外気量を抑制する制御は、外気負荷を低減します。
[昼光センサー]照度センサーを取付け、昼光を利用できる場合は照明器具を消灯して照明電力の低減を図ります。
[VAVシステム]室内への給気量を熱負荷に応じて増減させるもので、ファンの効率的な運転を図ります。
[BEMS中央監視装置を使ったビルのエネルギー管理システムで、建物の省エネ度を監視します。
[ポンプインバータ制御]インバータを使ってポンプの水量を調整する制御で、ポンプ動力の削減が図れます。
[高効率トランストランスからの電力損失を低減します。
[ファンインバータ制御]インバータでファンの風量を調整すると、ダンパーで調整するより大きなファン動力の削減が図れます。
[全熱交換器]空調用の取入外気と室内排気を熱交換させることで外気負荷を低減します。
[外気冷房]冬期や中間期に直接外気を導入して冷房を行います。
[外壁断熱外壁面に断熱(ウレタン等)を施し、外壁からの熱損失を防ぎます。

あなたのビルに最適な省エネ対策、是非ご相談ください。

ページ上部へ