新しい超高層住宅システム

変化に対応

こんな販売方法やサービスが可能です。

販売状況に応じフロア毎の住戸割・間取り変更が可能です

数期に分けて販売される超高層マンションの場合、期を追うごとに顧客のニーズに合わせた変更ができると販売リスクは大幅に低減できます。スケルトンとインフィルを分離した「大成建設のデュアルフレックス超高層住宅システム」は、住戸割・間取りいずれの変更も自在です。

長寿命スケルトンにより何回ものサイクルで販売が可能です

賃貸マンション、中でも定期借地権による賃貸方式の場合は、フロア毎に時代のニーズに合わせた住戸計画が可能になります。

新たな販売方式を先取りしています

SI住宅構想にもあるような、将来的に普及の見込まれるスケルトンとインフィルを分離した発注・販売方式を、建物としてはすでに可能としています。

設備所有区分の明確化と専有面積の向上

専用部に共用設備がないことにより、区分所有境界と設備所有境界が同じなため、設備の所有・管理区分が明確。専有率も増えています。

信頼性の高い価格・工期・品質

定評のある在来技術の複合体であることから価格・工期が在来工法と同等であり、充分な品質を保証できます。

ページ上部へ