新しい超高層住宅システム

フレックス構造システム

実績のある構工法を組合わせリーズナブルコストで50階の自由な空間構成を実現

ダブルフレーム構造

住宅の外周部と内周部に高強度のコンクリートフレームを組んだ構造です。

Merit1 耐久性の向上

高強度コンクリート(FC100〜30N/mm2)の採用により、耐久性の高い構造躯体を実現します。

Merit2 剛性の向上

RCの二重チューブ構造となっているため、50階でも充分な剛性を確保。揺れのない快適な居住空間を実現します。

Merit3 優れた耐震性

高強度のRCチューブで優れた耐震性能を発揮。免制震システムとの組み合わせで最上級の耐震性能を実現します。

フリーコアシステム

間柱と小梁による簡便な構造です。

Merit1 コアとボイドを自由に配置

コア部分は、鉛直荷重を支持する間柱と小梁により構成しているため、特別避難階段、ELV、非常用ELV、附室等のサイズの決まっているものでも自由に無駄なく組み込むことが可能。もちろん、ボイドの形状・サイズの自由度も高め、採光も充分確保できます。

Merit2 有効率の向上

コア部分に大梁を使用していないため、大梁分の面積が不要。有効率の向上につながります。

(参考)フリーコアシステムにより増加する有効面積
大梁W0.8m×L14m×2本×30階=672m2

フラットスラブ構造

外周フレームと内周フレームを梁のないフラットスラブでつないでいます。

基本タイプ

プレストレスを導入したフラットスラブにより、柱・梁を無くした住戸を提供します。

フラットビームタイプ

プレストレスを導入したフラットビーム(偏平梁)の使用により、住戸の奥行きをさらに確保します。段差タイプは水廻りゾーンの集約を図ります。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ